クローゼット(心)にしまう洋服。神の洋服と悪魔の洋服|2021/6/3 個人預言

【2021/6/3個人預言】

クローゼットが見える。

クローゼット, Hdr, 有効期限が切れてください, 古い, 修道院, 有効期限, 崩壊の状態, 建物

あなたは,多くの洋服を持っています。

あなたは、何を着ようか考えるのはやめなさい。

それだから、あなたがたに言っておく。何を食べようか、何を飲もうかと、自分の命のことで思いわずらい、何を着ようかと自分のからだのことで思いわずらうな。命は食物にまさり、からだは着物にまさるではないか。(マタイ6:25)

クローゼット(心の中)にどんな服(思い)を入れるか迷うなら全部しまってみても良いでしょう。

→心の迷いを捨て真理を見分けるため。受ける愛、受け入れる神の愛。

クローゼットとは心を整理するような場所です。

できれば、綺麗で汚れのない洋服(ドレス)だけを入れるようにしなさい。

汚い洋服は綺麗な服を汚してしまいますので。

▼見えた話▼

ヨハネの弟子とパリサイ人とは、断食をしていた。そこで人々がきて、イエスに言った、「ヨハネの弟子たちとパリサイ人の弟子たちとが断食をしているのに、あなたの弟子たちは、なぜ断食をしないのですか」。するとイエスは言われた、「婚礼の客は、花婿が一緒にいるのに、断食ができるであろうか。花婿と一緒にいる間は、断食はできない。しかし、花婿が奪い去られる日が来る。その日には断食をするであろう。だれも、真新しい布ぎれを、古い着物に縫いつけはしない。もしそうすれば、新しいつぎは古い着物を引き破り、そして、破れがもっとひどくなる。まただれも、新しいぶどう酒を古い皮袋に入れはしない。もしそうすれば、ぶどう酒は皮袋をはり裂き、そして、ぶどう酒も皮袋もむだになってしまう。〔だから、新しいぶどう酒は新しい皮袋に入れるべきである〕」。(マルコ2:18〜22)

あなたのクローゼットには、わたしがデザインした洋服だけ(ドレス)をしまいなさい。

美しい, 花, 花嫁, 白いドレス, アウトドア, 女の子, 夏, 女性, 花束, 明るい, 夏時間, 人

世の中悪魔が作った洋服もあります。見た目はかっこいいがホコリやカビが生えています。匂いもあります。

woman kneeling on white mattress

綺麗な服(ドレス)は、綺麗な場所(天国)に用意された洋服です。

汚い服はそれなりの場所(ハデス・地獄)に行くための洋服です。

・悪魔の服👉偶像礼拝、まじない、敵意、争い、そねみ、怒り、党派心、分裂、分派、 5:21ねたみ、泥酔、宴楽、および、そのたぐいである。わたしは以前も言ったように、今も前もって言っておく。このようなことを行う者は、神の国をつぐことがない。(ガラテヤ5:20〜21)

・イエス様が用意したドレス👉しかし、御霊の実は、愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、柔和、自制であって、これらを否定する律法はない。(ガラテヤ5:22〜23)

あなたはどこへ向かうのですか?常に純白のドレスを着ていなさい。(神の性質を持ちなさい)

時は近いのです。備えていなさい。

わたしの舞踏会にふさわしい服装をしていなさい。

クローゼットには、わたしが用意したドレスだけ入れていなさい。わたしのドレスを着なさい。

花嫁よ。わたしを待ちなさい。

 

「わたしたちは喜び楽しみ、神をあがめまつろう。小羊の婚姻の時がきて、花嫁はその用意をしたからである。彼女は、光り輝く、汚れのない麻布の衣を着ることを許された。この麻布の衣は、聖徒たちの正しい行いである」。(黙示録19:7〜8)

「だから、わたしたちは落胆しない。たといわたしたちの外なる人は滅びても、内なる人は日ごとに新しくされていく。」(Ⅱコリント4:16)

 

📝個人預言の受け取りは吟味が求められます。

『預言をする者の場合にも、ふたりか三人かが語り、ほかの者はそれを吟味すべきである。』(コリントⅠ14:29)

 

コメントを残す