悪口や不平不満を行う霊的世界での裏側。私たちはあいつに狙われている|個人預言2021/08/22

個人預言

2021.8.22に聞いた(主のメッセージです)

空から落ちる複数の稲妻が見る。

ライトニング, 市, 夜, 空, 天気, 雷雨, 壮大です, 劇的な, 印象的, 街並み

空には多くの羽を生やす悪魔が飛び交う。

満月, 夜, コウモリ, 暗闇の中, ハロウィーン

彼らは、地に重りを落としていく。

主は、我娘よと語る。「ここに来てはいけない。赤い目をしており耳が尖っている悪魔がいる。この耳は多くの音を広い範囲で聞く。この悪魔の耳は遠くの遠くの音まで掻き分ける。日中はあまり目が見えないが夜になると行動が活発になる。なぜなら人は、夜になると休む時であり心に隙ができるからだ。暗闇になると悪の目まで大きく見開くのだ。」

神の稲妻が注がれる。

天の祈りの攻撃(光の稲妻)が矢のように落とされる。

攻撃を交わす悪魔は、地上にいる家の中の女の声を拾った。

夜の時間である。その娘は部屋に籠り自分の時間を過ごしている。

電話をする。明日の煩いの話や愚痴、悪口を友達とお話をしている。

滑ったフリをして…? 男が惚れる「1度しか使えないテクニック」3選 — 文・塚田牧夫 | ananweb – マガジンハウス

体を上下に動かし喜ぶ。音のない喜び。非常に不気味な光景。

そして、女の電話は終わる。

その後部屋に飾っているの写真をみたり、音楽を聞いたりする。

幸いテレビは置いていない。

その悪魔は特に何かをするわけではなく、彼女の後ろについている。

この霊は離れない。彼女は、普段から悪口を言う子になっていった。

そして、人の悪口を言うことに対し何も感じない。むしろ肯定的になる。

だから、ああ、すべて人をさばく者よ。あなたには弁解の余地がない。あなたは、他人をさばくことによって、自分自身を罪に定めている。さばくあなたも、同じことを行っているからである。(ローマ2:1)

 

悪魔は彼女にこう囁く「もうお前は私の物だ!心の声に出してその思いをぶつけなさい。心の快楽を選びなさい。簡単だろ?」と悪のヘドロの臭い息吹を彼女に吹く。

彼女は見た目は普通の女の子だけど、霊の世界から見ると。怒りで顔が引きつり、クマが出来ていて酷くやつれている。

カレンダーがめくれ1ヶ月となると、悪魔の体が3倍の大きさになっている。まるでデスノートの死神みたいだ。

悪の行いが悪の力のエキスとなり悪は成長する。

生気を吸われているようだ。

ほとんどは気づくことはない。なぜなら見えないから。

しかし、天では祈りの声があるので御国の方が駆けつける。

神は人を用いて、その人を注意し正していく。

あなたのことを捨てない。

わたしは地の果から、あなたを連れてき、地のすみずみから、あなたを召して、あなたに言った、「あなたは、わたしのしもべ、わたしは、あなたを選んで捨てなかった」と。(イザヤ41:9)

「目をさましていなさい。わたしがあなたがたに言うこの言葉は、すべての人々に言うのである」。(マルコ13:37)

また目を開いていなさい。

聖書を読み実践しなさい。

最後に主は言われる。「私はあなたのことを見捨てないが、悪が常に寄ってくることを忘れてはいけない。行いに注意しなさいと。」

何事も党派心や虚栄からするのでなく、へりくだった心をもって互に人を自分よりすぐれた者としなさい。おのおの、自分のことばかりでなく、他人のことも考えなさい。キリスト・イエスにあっていだいているのと同じ思いを、あなたがたの間でも互に生かしなさい。(ピリピ2:3〜5)

わたしの愛する者たちよ。そういうわけだから、あなたがたがいつも従順であったように、わたしが一緒にいる時だけでなく、いない今は、いっそう従順でいて、恐れおののいて自分の救の達成に努めなさい。あなたがたのうちに働きかけて、その願いを起させ、かつ実現に至らせるのは神であって、それは神のよしとされるところだからである。すべてのことを、つぶやかず疑わないでしなさい。それは、あなたがたが責められるところのない純真な者となり、曲った邪悪な時代のただ中にあって、傷のない神の子となるためである。あなたがたは、いのちの言葉を堅く持って、彼らの間で星のようにこの世に輝いている。(ピリピ2:12〜15)

 

📝個人預言の受け取りは吟味を求められます。

『預言をする者の場合にも、ふたりか三人かが語り、ほかの者はそれを吟味すべきである。』(コリントⅠ14:29)

 

おすすめ記事👉聖書より悪口・誹謗中傷の扱い方|いい気にさせる悪口に関わればあなたは完全敗北者です。

コメントを残す