先を行く人の辿る道とリーダーの進化|2021/5/9個人預言

【2021/5/18の預言】

カニが見えた。

甲羅を開けて内臓だけを食べる人間。「おいしい、おいしい」とパクパク食べる。

人間が生活している街並みが見える。

「忙しい」「忙しい」と声が聞こえる。

またカニを食べる。カニの脳味噌しか食べない。

頭がよくなりたい。ただそれだけだ。

人間が知恵を求めている。頭が良くなりたいからだ。

自分の欲を満たすために、楽になりたいから頭脳を求める。欲を求め続ける人。

彼らの欲の背後には悪魔が見える。

そのうち、人間は人間の脳味噌を食べる。人の命の犠牲を伴うことになる。

進化した人は、頭の悪い人を使う。

自分の頭にさらに脳の知恵を高める薬品を注射をする。

 

神に近づこうとする人間。支配力へ向かう。

彼らは奴隷を作り、自分の欲を満たすだけ。

人がたくさんいる、汚れている人間、判断力が鈍り、善悪の判断もできなくなる。

自分がもう何をしているのかがわからない。

彼らは神の裁きに向かう。

 

▼啓示された御言葉▼

「高ぶりは滅びにさきだち、誇る心は倒れにさきだつ。」(箴言16:18)

「世と世の欲とは過ぎ去る。しかし、神の御旨を行う者は、永遠にながらえる。」(Ⅰヨハネ2:17)

 

📝個人預言の受け取りは吟味が求められます。

『預言をする者の場合にも、ふたりか三人かが語り、ほかの者はそれを吟味すべきである。』(コリントⅠ14:29)

 

コメントを残す