不信仰になってはならない。神様の確認と書物、励ましのメッセージ|個人預言2021/11/14

神様の励まし

2021.11.14に聞いた(主のメッセージです)

わたしの心を覗く者よ。

よく熱心に求めている。

求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう(マタイ7:7)

あなたがたには必ず霊(聖霊)が答えていく。この心と美しい体。

悪を嫌い、義を喜ぶ。霊の声がわたしの元へ来るのだ。聖霊はわたしの元へ声を届ける。

霊「今日はこのようなことを言っていました。」

そしてわたしは、ひとりひとりの声(心)を告白の書物に書き留める。

本, 文学, 読む, 図書館, ひも, ビンテージ, 本の壁紙, 小説, ブックマーク, 本棚, ブックカバー

わたしは全てを知っていて正しい事を望んでいるが、あなたの声を聞きたいのである。確認したいのである。

すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる(ローマ10:9)

あなたの声を、わたしは微笑むだろう。

全てにおいてが光と義で覆い尽くすことを望む。

地上と宇宙の間に悪が覆うが、わたしは悲観的ではない。わたしは全世界、地球と宇宙を作ったのだから。悪を一部に住ませているのだ。だから悪を恐れなくても良い。悪は限られた場所でしか動けないのです。悪は隅、地球は中心です。外は端で中は中心です。最も愛したのは中心です。本質は中心にあります。

全てを創造し作ったのだから恐れなくて良いのです。

あなたがたは、わたしの完璧な計画の中にいます。

もし、あなたが望むなら宇宙の星を1つ無くすことも、破壊することも、新しい惑星を作ることもできる。

それほど愛しているのです。

何度も言いますが、わたしはなんでもできる。「この小さな体に何ができようか?」と考えることもないのです。わたしの霊が注がれているのならわたしの名により、わたしの約束が書かれているのだ。

文字ではなく、心にあなたの願いは書き記されているのです。

「主はその奇しいみわざを人の心に刻まれた。主は情け深く あわれみ深い。」詩篇 111:4

ただ、わたしを見て義を求めなさい。

これがあなたに勧めることです。

悪を行わず、親切に、寛容に、敵を愛しさない。そうすれば全ては与えられる。

まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう。(マタイ6:33)

 

だから、最後にこう言います。わたしの欠片があなたの中にあります。

わたしはわたしが注いだ全ての破片を最後の日に欠けることなく回収する時が来ます。

わたしの恵と御業と共にわたしを表しなさい。

わたしはあなたと一つなのです。

もうわたしと共にいるのです。

愛しています。愛する子よ。もうすでにわたしはあなたに注がれた。

『”あなたがたもまた、キリストにあって、真理の言葉、すなわち、あなたがたの救の福音を聞き、また、彼を信じた結果、約束された聖霊の証印をおされたのである。エペソ1:13”』

 

📝個人預言の受け取りは吟味が求められます。

『預言をする者の場合にも、ふたりか三人かが語り、ほかの者はそれを吟味すべきである。』(コリントⅠ14:29)

「すなわち、ある人には御霊によって知恵の言葉が与えられ、ほかの人には、同じ御霊によって知識の言、またほかの人には、同じ御霊によって信仰、またほかの人には、一つの御霊によっていやしの賜物、またほかの人には力あるわざ、またほかの人には預言、またほかの人には霊を見わける力、またほかの人には種々の異言、またほかの人には異言を解く力が、与えられている。すべてこれらのものは、一つの同じ御霊の働きであって、御霊は思いのままに、それらを各自に分け与えられるのである。」(コリントⅠ12:8〜11)

「このように、異言は信者のためではなく未信者のためのしるしであるが、預言は未信者のためではなく信者のためのしるしである。」(コリントⅠ14:22)

『神がこう仰せになる。終りの時には、わたしの霊をすべての人に注ごう。そして、あなたがたのむすこ娘は預言をし、若者たちは幻を見、老人たちは夢を見るであろう。その時には、わたしの男女の僕たちにもわたしの霊を注ごう。そして彼らも預言をするであろう。』(使徒の働き2:17〜18)

「預言を軽んじてはならない」Ⅰテサロニケ5:20

コメントを残す