愛する人が離れてしまう時。育てた愛を手放す事で、愛が広まる。2021/6/02 個人預言

牛飼い

【2021/06/02の預言】

Beef cow clipart » Clipart Station

祈りで牛が見えた。鼻にリングをして隣に男性がいる。牛の毛を大事になでる。

牛と牛飼いの話だ。

彼は、牛に愛をたくさん注いで大事に育てていた。成熟し、この牛の運命を決めないといけない。彼は悩んでいた。

そこに彼の元に天使ガブリエルが降りてきてこう告げる。

「どうしましたか?」

牛飼いはこう言う「わたしはこの牛を大事に育ててきました。まるで家族のように育てて愛しています。手放したくないんです。」

ガブリエルは言う「愛で縛ってはいけません。愛は自由なのです。あなたが大事に育てた牛を人の為に捧げなさい。あなたの愛する牛を愛を持ってみんなの命を繋ぐために捧げなさい」

この例え話に主は言います「これも愛です。愛する者を手放すことは悲しい事です。ですが、あなたが育てた愛する者を手放す事も愛になります。」

そして牛の気持ちはこう言います「あなたが大事に育ててくれた事を感謝しています。わたしはあなたに愛を返します。人々のために愛を返します。わたしの肉を捧げ神に感謝します。」

主は言います「愛はこのように広がっていきます。悲しまないでください。手放す事も神に愛を返す事なのです。愛された者はまた愛を広めていきます。だからわたしの計画に委ねなさい。あなたの愛がさらに広がってあなたに返ってきます。愛はこのような物です。だから愛の種を撒きなさい。他人を愛しなさい。またあなたの愛の種は収穫の時がきます。だから、愛を持って私に委ねなさい。これも愛の1つです。わたしにあなたのその想いを委ねなさい」

「愛を持って受け取りなさい。愛は神に栄光を現します。だから愛のある行動を取りなさい。愛はあなたを育てます。愛は豊かにします。あなたを幸せにするのは愛ですよ。」

このメッセージから親が大事に育てた子に別れを告げるメッセージにもなります。または愛し育てた人や動物があなたの元を離れていく時の励ましの言葉にもなります。

主は「あなたが彼や彼女に愛を教えた事であなたの元を離れた時に彼(彼女)が出会う人々に愛を持って接していくので、愛を広げていくのだよ。」とそんな啓示がありました。

別れは悲しいですが、これも神様の愛を広める計画なのだと知る事であなたの気持ちは神様に委ねていくことができます。

 

▼啓示された御言葉▼

「神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さることを、わたしたちは知っている。」(ローマ8:28)

「涙をもって種まく者は、喜びの声をもって刈り取る。」(詩篇126:5)

「『自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せよ』。」(マタイ22:39)

「しかし、知識は人を誇らせ、愛は人の徳を高める。」(Ⅰコリント8:1)

「神はあなたがたをかえりみていて下さるのであるから、自分の思いわずらいを、いっさい神にゆだねるがよい。」(1ペテロ5:7)

 

📝個人預言の受け取りは吟味が求められます。

『預言をする者の場合にも、ふたりか三人かが語り、ほかの者はそれを吟味すべきである。』(コリントⅠ14:29)

 

コメントを残す