与える生き方とは?聖書名言から学ぶ与えて生きる人生の成功術を紹介!

聖書 名言 与える
セリア1世
与えて生きるってどういう意味?
セリア1世
与える人生にするとどうなる?
セリア1世
俺は・・幸せになりたい!どうしたらいいんだ!!!

▲上記の内容から答えていきます▲

聖書に与えなさいそうすれば・・という名言がありますが、与えて生きるとはどういうメリットがあるのか?疑問じゃないですか?

僕の経験でもどうしても自我を優勢すると失敗する仕組みになっています。

今回は、聖書が教える与える・与えられる人生で豊かにする名言や与えられる幸せを感じるために与える人生にシフトする理由をクリスチャン歴10年以上の私が解説していきます。

本記事でわかること

☑️聖書名言から与える・与えられる箇所

☑️人生はギブ&ギブを推薦

与えて生きる聖書箇所

手, 自由, 礼拝, 男, 手書き, 人, タッチ, 与える, 書き込み, 教会, 喜び, ギフト, 通信

聖書から与えて生きていく内容が書いてある名言をご紹介していきます。

「与えよ。そうすれば、自分にも与えられるであろう。人々はおし入れ、ゆすり入れ、あふれ出るまでに量をよくして、あなたがたのふところに入れてくれるであろう。あなたがたの量るその量りで、自分にも量りかえされるであろうから」。(ルカの福音書6:38)

「求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。すべて求める者は得、捜す者は見いだし、門をたたく者はあけてもらえるからである。あなたがたのうちで、自分の子がパンを求めるのに、石を与える者があろうか。魚を求めるのに、へびを与える者があろうか。」(マタイの福音書7:7~10)

「まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう。」(マタイの福音書6:33)

「わたしは、あなたがたもこのように働いて、弱い者を助けなければならないこと、また『受けるよりは与える方が、さいわいである』と言われた主イエスの言葉を記憶しているべきことを、万事について教え示したのである」。(使徒の働き20:35)

「あなたがたのうち、知恵に不足している者があれば、その人は、とがめもせずに惜しみなくすべての人に与える神に、願い求めるがよい。そうすれば、与えられるであろう。」(ヤコブの手紙1:5)

「弱った者には力を与え、勢いのない者には強さを増し加えられる。」(イザヤ書40:29)

 

人生はGive&Giveの与える人生がいい

男, I Love, マークの日, おめでとう, 抱っこ, ギフト, 与える

人生は、与えた人勝ちです。

そんな不思議な霊の法則から与える人生にコミットした方がいい理由を解説です。

ギブ&テイクは失敗する

ギブ&テイクは失敗します。

その理由として3つ。

  1. 見返りがないと失望する
  2. 期待が裏返されると怒ってしまう
  3. 見返りのお返しは報いがない

まず、もらえる物だと思って与えるのでもらえない場合は失望します。

そして、自分の常識(お返しが当たり前)がないと怒りたくなります。

それにギブ&テイクで与えた物は、期待した分だけしか受け取ることができません。

もらうのが目的のギブ&テイクは正直プラスマイナス”0”だと感じます。

 

なぜギブ&ギブか?

どちらかと言うとギブ&ギブ精神(無報酬で与える心)をおすすめします。

その理由としてお返しの欲がないので疲れませんし、怒ることもありませんし、最後に大きな報いがあります。

耐えることのないギブ&ギブ精神は愛の行動です。ちなみに愛の行動は神様の御心なので成功を表します。

 「わたしは、あなたがたもこのように働いて、弱い者を助けなければならないこと、また『受けるよりは与える方が、さいわいである』と言われた主イエスの言葉を記憶しているべきことを、万事について教え示したのである」。(使徒の働き20:35)

例えばですが、成功者の思考はギブ&ギブなのはご存知ですか?

うまい事に成功者や成功企業のノウハウビジネスはクライアントに最高の喜びを提供することを第一に考えます。

ここでも愛を優先です。

「ターゲットが何で苦しんでいるのか?」「どんな手助けが欲しいのか?」「どういうサービスを提供できればは喜んでもらえるか?」を考えます。まさにギブ&ギブ精神ですよね?→この結果がお金という思ってもない感謝の報酬につながっていく仕組み。

ビジネスの話ではないのでここで打ち切りますが、与え続ける人生=愛の行動こそが成功や豊かさを生みます。

 

欲しい物は与えられる

欲しい物は願えば与えられます。

というつつも・・これは、ぶっちゃけ信仰心の話になってくるので少し難しい話です。

聖書には、このように書いています👇

「求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。すべて求める者は得、捜す者は見いだし、門をたたく者はあけてもらえるからである。あなたがたのうちで、自分の子がパンを求めるのに、石を与える者があろうか。魚を求めるのに、へびを与える者があろうか。」(マタイの福音書7:7~10)

疑い深い人にとっては難しいことです。

信仰の話になりますが、欲しい物はひたすら信じ探し求めることです。

諦めず追うことが信じることになるので信仰心につながります。

僕の知ってる情報では、その方法として祈りで与えられることです。

聖書から祈りの言葉集まとめ|あなたの祈りの叶え方と僕の願いが聞かれた時にしたこと【実話】』より参考に読んでみてください。

ひたすら祈ることです。

 

という感じで与え続ける人生にしていけば神様の意思なので恩恵があります。

与える人生は、成功に繋がります。

期待せず、ただ人の喜ぶことをし、欲しい物は願い信じることで夢や幸せを掴みとることができます。

神様が喜ぶこと(ただ与える)をすれば良いことがあります。

これからあなたも与えていく人生で豊かにしていきませんか?

では、祝福がありますように( ^ω^ )ノ

 

👉おすすめ記事:聖書のおすすめ名言を『ぎゅっとまとめ!』日常から聖書の教えがわかる名言を集めました!解説付き

コメントを残す