キリスト教の禁止事項について|クリスチャンの人と付き合うための必要な11項目と考え方

キリスト教の禁止事項
ジョン
キリスト教の人に禁止事項とかありますか?
ジョン
キリスト教ってどんな生活をしていますか?
ジョン
キリスト教の人と付き合う時に気を付けることとかありますか?

▲上記のことから答えていきます。▲

「キリスト教の友達や恋人、仲間ができた。家族ができた」そんな方は、クリスチャンとの付き合い方について悩んでしまうことはないでしょうか?

僕は現在クリスチャン(キリスト教)歴が20年ほどで、その通の人なのですが・・一般人の生活とは全く違うものになっています。

今回、キリスト教の人と付き合ってく上で禁止事項やキリスト教の考え方やクリスチャンの私生活も踏まえてまとめていこうと思います。

聖書派。プロテスタントのケースでのお話しなります。カトリック派にも参考になると思います。

異端派(モルモン・エホバ)は別になります。

本記事でわかること

☑️キリスト教の禁止事項

☑️キリスト教の人の思想・宗教観

☑️クリスチャンの歩み方

キリスト教の禁止事項について

パネル, 禁止, 警告, 看板, ユーモア, 重い

キリスト教は、禁止事項による規制はありませんが、神様から禁止されていることは多くあります。

僕はプロテスタントを呼ばれる福音派なので、聖書の言葉を引用しつつ禁止事項をピックアップしていきます。

2つの宗派の違い👉カトリックとプロテスタントの違いを簡単にわかりやすく解説!ここまで違った2つのキリスト教。

 

キリスト教禁止事項①偶像崇拝禁止

キリスト教は、偶像崇拝をしません。

偶像崇拝は物を拝む行為です。

偶像崇拝は罪とされますので、物を崇めたり、物に依存することはしません。

👉偶像崇拝とは?聖書が禁止している理由と意味|あなたは大丈夫?意外と知らない悪魔の驚くべき罠

例)神社・お寺参拝、初詣

肉の働きは明白である。すなわち、不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、まじない、敵意、争い、そねみ、怒り、党派心、分裂、分派、ねたみ、泥酔、宴楽、および、そのたぐいである。わたしは以前も言ったように、今も前もって言っておく。このようなことを行う者は、神の国をつぐことがない。(ガラテヤ5:19〜21)

 

キリスト教禁止事項②祭り・イベントも参加しません

キリスト教の人は、世間のお祝い・祭りやイベントに参加しません。

例)ハロウィン、節分、神社参拝、節分、恵方巻き、ひな祭り、鯉のぼり、盆踊り、お墓参り。

ですが、クリスマスは別になります。

クリスマスでは、イエス・キリストの誕生を祝う日とされるので高い確率で教会にいきます。

※イエス・キリストの誕生日は、実際は不明です。

👉聖書から知るクリスマスの意味とは?クリスマスに送る素敵な喜ばれる聖句・メッセージもご紹介。

肉の働きは明白である。すなわち、不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、まじない、敵意、争い、そねみ、怒り、党派心、分裂、分派、ねたみ、泥酔、宴楽、および、そのたぐいである。わたしは以前も言ったように、今も前もって言っておく。このようなことを行う者は、神の国をつぐことがない。(ガラテヤ5:19〜21)

ハロウィンは禁止です。

👉ハロウィンの日っていつ?悪魔も消したくなるハロウィンの極秘情報!それでもハロウィンする?

 

キリスト教禁止事項③占いはしません

キリスト教は、スピリチュアルや占いなどは悪霊の業とみなしてしていますのでこの類も行いません。

「ある時、わたしたちが、祈り場に行く途中、占いの霊につかれた女奴隷に出会った。彼女は占いをして、その主人たちに多くの利益を得させていた者である。この女が、パウロやわたしたちのあとを追ってきては、「この人たちは、いと高き神の僕たちで、あなたがたに救の道を伝えるかただ」と、叫び出すのであった。そして、そんなことを幾日間もつづけていた。パウロは困りはてて、その霊にむかい「イエス・キリストの名によって命じる。その女から出て行け」と言った。すると、その瞬間に霊が女から出て行った。」(使徒行伝16:16-18)

肉の働きは明白である。すなわち、不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、まじない、敵意、争い、そねみ、怒り、党派心、分裂、分派、ねたみ、泥酔、宴楽、および、そのたぐいである。わたしは以前も言ったように、今も前もって言っておく。このようなことを行う者は、神の国をつぐことがない。(ガラテヤ5:19〜21)

👉聖書的に占いはタブー!?なぜ占いが禁止されている?ヤバすぎるだろ・・占いの裏の正体を解説!

 

キリスト教禁止事項④お酒はあまり飲みません。

キリスト教の人は、お酒を嗜むほどまで飲むことはありますが、自制心を保つため、お酒をあまり飲みません。

だから、飲むにも食べるにも、また何事をするにも、すべて神の栄光のためにすべきである。(Ⅰコリント10:31)

酒に酔ってはいけない。それは乱行のもとである。(エペソ5:18)

肉の働きは明白である。すなわち、不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、まじない、敵意、争い、そねみ、怒り、党派心、分裂、分派、ねたみ、泥酔、宴楽、および、そのたぐいである。わたしは以前も言ったように、今も前もって言っておく。このようなことを行う者は、神の国をつぐことがない。(ガラテヤ5:19〜21)

モルモン教では、アルコール類、コーヒー、紅茶、お茶、タバコが完全禁止です。

 

キリスト教禁止事項⑤ポルノなどの成人物の禁止

ポルノ動画・雑誌、それらの部類も禁止です。下ネタも話しません。

見るのも罪です。

『姦淫するな』と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。しかし、わたしはあなたがたに言う。だれでも、情欲をいだいて女を見る者は、心の中ですでに姦淫をしたのである。(マタイ5:27〜28)

この意味については、全ての人・女性も神様の作品なので自分の欲の消費するため自己中心的な思いを抱くことは=愛と正反対であるため罪となります。神様からすると姦淫は悲しいことです。

 

キリスト教禁止事項⑥色気は出しません。

信仰の高いクリスチャン女性でしたら、好色と呼ばれる=セクシーな露出がある衣装をまとったり、流行りのオシャレをしません。

→高価な金銀を身につけたり、派手だったり、露出の多い服装をしない。

「クリスチャンでも綺麗な色気女子いるじゃん?」という人もいますが、それぞれ信仰歴もありますので行いにも個人差があります。

好色は、男性を誘惑するので姦淫の原因ともなります。神の御心ではないので好色をしません。

肉の働きは明白である。すなわち、不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、まじない、敵意、争い、そねみ、怒り、党派心、分裂、分派、ねたみ、泥酔、宴楽、および、そのたぐいである。わたしは以前も言ったように、今も前もって言っておく。このようなことを行う者は、神の国をつぐことがない。(ガラテヤ5:19〜21)

 

キリスト教禁止事項⑦汚い言葉は使いません

キリスト教の人は、汚い言葉・悪愚痴・不満の言葉を使いません。

もし、汚い言葉や批判するような言葉を使う場合は注意が必要です。

人をさばくな。自分がさばかれないためである。あなたがたがさばくそのさばきで、自分もさばかれ、あなたがたの量るそのはかりで、自分にも量り与えられるであろう。(マタイ7:1〜2)

すなわち、彼らは、あらゆる不義と悪と貪欲と悪意とにあふれ、ねたみと殺意と争いと詐欺と悪念とに満ち、また、ざん言する者、(ローマ1:29)

だから、ああ、すべて人をさばく者よ。あなたには弁解の余地がない。あなたは、他人をさばくことによって、自分自身を罪に定めている。さばくあなたも、同じことを行っているからである。(ローマ2:1)

肉の働きは明白である。すなわち、不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、まじない、敵意、争い、そねみ、怒り、党派心、分裂、分派、ねたみ泥酔、宴楽、および、そのたぐいである。わたしは以前も言ったように、今も前もって言っておく。このようなことを行う者は、神の国をつぐことがない。(ガラテヤ5:19〜21)

 

キリスト教禁止事項⑧婚前交渉を禁止します

結婚前の性行為をすることを禁止します。

結婚前の性交渉は、神様が認めていない関係上での行為であり、身体の快楽を優先とさせた=姦淫の罪にあたります。

本当に愛した人と最初で最後にした方が、気持ち的に気持ちがいい結婚生活になると思います。

結婚前に複数の人と相手にした相手と結婚するのは複雑なものです。

それで人はその父と母を離れて、妻と結び合い、一体となるのである。(創世記2:24)

それとも、遊女につく者はそれと一つのからだになることを、知らないのか。「ふたりの者は一体となるべきである」とあるからである。(Ⅰコリント6:16)

すべての人は、結婚を重んずべきである。また寝床を汚してはならない。神は、不品行な者や姦淫をする者をさばかれる。(ヘブル13:4)

不品行を避けなさい。人の犯すすべての罪は、からだの外にある。しかし不品行をする者は、自分のからだに対して罪を犯すのである。(Ⅰコリント6:18)

 

キリスト教禁止事項⑨離婚は禁止

クリスチャン上の結婚は、神様が結び合わせた祝福なため離婚はしません。

聖書の中心人物である、イエス様も離婚はするべきではないとのこと。

彼らはもはや、ふたりではなく一体である。だから、神が合わせられたものを、人は離してはならない」。(マタイ19:6)

キリスト教の結婚観👉聖書が教える結婚観|結婚生活を絶対に失敗しないための成功法則を紹介(独身者も必見)

 

キリスト教禁止事項⑩クラブ・娯楽施設に行きません

キリスト教の人は、男女関係が乱れる場所・騒ぐ場所、お金を無駄に浪費する場所、異教的な空間にもいきません

肉の働きは明白である。すなわち、不品行汚れ好色、偶像礼拝、まじない、敵意、争い、そねみ、怒り、党派心、分裂、分派、ねたみ、泥酔、宴楽、および、そのたぐいである。わたしは以前も言ったように、今も前もって言っておく。このようなことを行う者は、神の国をつぐことがない。(ガラテヤ5:19〜21)

 

キリスト教禁止事項⑪娯楽メディアを見ない

キリスト教の人は、漫画・テレビ、異教・オカルトや暴力・性的不品行を肯定的に描いた作品、音楽も見ません。

だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである。(Ⅱコリント5:17)

 

キリスト教の思想・宗教観

Jesus Christ wall decor

キリスト教の思想は、宗派によって変わりますが、聖書をベースとするとキリスト教を信じることは救いです。

なのでクリスチャンの願望は、全人類一人残らずに救われて欲しいと願っています。

👉聖書で救いってこういう話『まとめ』今更聞けない救いの意味!クリスチャンの歩み方も紹介。

ですが、特に無理に教えを広めようと伝道しようとも思いませんし。

キリスト教の思想を強要しようとも思いません。

人間には自由意志があるために、人は人の気持ちを動かすことができません。

だから、私たちは善き心で神様に祈りを持って願います。

不思議な霊の働きを待ち望んでいるのです。

ちなみに、クリスチャンは毎日祈ります。

 

クリスチャンの歩み方

woman in gray top sitting on a building's edge

クリスチャンの歩み方は聖書に基づいて生きます。

手取り早くいうと、クリスチャンの方とお付き合いする場合は心を読むより、クリスチャンの相手と聖書を読んでいくとクリスチャンの歩み方がわかります。

または、1人で・・一緒に聖書を勉強してみるといいかもしれません。

聖書自体、辞典みたいでダルいですが・・意外と読んで行くと有益で面白いです。

聖書の内容に関しては、別の記事で聖書について簡単にまとめたので参考にしてみてください。

聖書を読めば!クリスチャンの生き方や気持ちが理解できると思います。

👉日本人の聖書イメージと聖書での神と人のイメージ像。実際には思った以上にヤバイ内容ですよ?

👉聖書はベストセラー!なぜ?その理由は?聖書を守り・伝えなければならない使徒の想いを繋ぐ本

👉聖書の内容まとめ|クリスチャンが教える”聖書の内容”と”聖書の他の内容”をざっくりと解説

 

では、祝福がありますように( ^ω^ )ノ

コメントを残す