聖書を読むと人生マジで変わる。自分探しをしようとしている20代に伝えたい!聖書は人生のコンパスだ

聖書読む
スケ助
やりたいこともなく人生に見失っている
スケ助
自分探しの旅に出たい。
スケ助
人生詰まらないです
スケ助
いつもネガティブ思考です

▲上記から当てはまる人は聖書を読むべきです▲

人生に迷っている。生きる目的がわからない。常にネガティブな考えになってしまう。

僕が20代の頃もやりたいことも特になく・・まさにただ生きるだけでした。

まさに肉が生きているだけ。

「また、わたしたちもみな、かつては彼らの中にいて、肉の欲に従って日を過ごし、肉とその思いとの欲するままを行い、ほかの人々と同じく、生れながらの怒りの子であった。」(エペソ人への手紙2:3)

ですが、30代で転機があり聖書をマジマジと読んだ事で自分の立場と生きる目的に気づけました。

聖書を読むことで本当に考えが一変し変わります!気になる方はこの続きを読んでみてください。

 

本記事でわかること

☑️聖書を読むことで人生が変わる

☑️聖書の読み方

☑️聖書を読む方法

聖書を読むことで前向きに生きれる

女性, ビーチ, ジャンプ, 幸せな女, 幸せ, にこやか, 笑顔, 波, 砂, 海, 海の波, ブルネット

聖書を読むことで大きなメリットがあります。

なので「なぜ聖書を読むべきなのか?」を説明していきます。

聖書を読むべき必要性

聖書を読む必要性としてですが、ここに私たちの救いがかかっています。

私達は、聖書を読むことで本来の生きる目線を正常に戻すことができます。

現在、私達の大敵は”死”だと思います。

現在死なないために頑張って生きると思いますが、聖書を読むことで救い=天国の道を見つけることができるのです。

死をなくすことができます。

そして言った、「イエスよ、あなたが御国の権威をもっておいでになる時には、わたしを思い出してください」。イエスは言われた、「よく言っておくが、あなたはきょう、わたしと一緒にパラダイスにいるであろう」。(ルカの福音書23:42〜43)

「わたしの父の家には、すまいがたくさんある。もしなかったならば、わたしはそう言っておいたであろう。あなたがたのために、場所を用意しに行くのだから。そして、行って、場所の用意ができたならば、またきて、あなたがたをわたしのところに迎えよう。わたしのおる所にあなたがたもおらせるためである」。(ヨハネによる福音書Ⅰ4:2〜3)

聖書では、罪を持つ者は悪魔と共に地獄に行くと定められています。

どういう事かというと・・罪があるから死があるのです。

この罪の解消法について、罪の掟・戒めについて、罪との向き合い方と今後どうやって歩むべきか?が聖書には書き記されています。

なので、聖書を読めば罪への解放と自由と救いのメッセージを知ることができます。

ぶっちゃけここだけの話だと理解不能だと思いますので、実際に聖書を読むことをおすすめします。

 

聖書には読むメリットがある

聖書を読むメリットは、真理・義・人生の目的を見出せます。

聖書を読む限りですが・・僕が思うに3つの事は最低限学べます。

👉真理とは?義である。逆は不義は、不心・不品行を行う事。

👉義とは?イエス、神の言葉であり、信仰(信仰で与えられる)である。

👉人生の目的とは?義に生きる=愛することだ!

何を言いたいかというと、善(義=霊)と悪(不義=肉)の世界があり、義を求めることは神の意思であるため神を味方にするということです。

失礼・・神の子として生き、神様がバックに付くということです。

神が望む事は、正しい道であるため幸せや平和を示しています。

それは、今の時に、神の義を示すためであった。こうして、神みずからが義となり、さらに、イエスを信じる者を義とされるのである(ローマ人への手紙3:26)

なので、本来「僕の人生の目的はなんだろう?」と悩む人には、義=愛する心も持って生きるのが答えになるということです。

義(生きる目的)については、聖書の新約聖書の福音書より学べます。

 

聖書を読む事で自分の価値が見出せる

僕は知らなかったのですが、ネガティブな感情というのは悪霊の仕業とされています。

神様のメッセージによれば、あなたは神様にとってとても価値がある存在です。

「あなたがたは、だれにも不誠実な言葉でだまされてはいけない。これらのことから、神の怒りは不従順の子らに下るのである。」(エペソ人への手紙5:6)

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。だから私は人をあなたの代わりにし、国民をあなたのいのちの代わりにするのだ。」(イザヤ43:4)

もっといい聖書箇所があると思いますが・・ここはすいません。

話を戻しますが、誰かがあなたの悪口を言おうが、耳を貸して信じてはいけません。

あなたを落ち込ませるようとしてるのは、悪霊の攻撃です。『悪霊とはなんですか?聖書と実体験から解説!悪霊の基礎情報と奴らを追い出す方法もご紹介』より参照してみてください。

不義の者の言葉は、真実をみる事ができないので相手の言葉をそのまま自己評価してはいけません。

聖書に書いている通り、あなたは素晴らしいんです!

聖書には、もっとあなたの存在について、価値について書いてあるので実際に手にとってみてください。

本記事で書ききれない情報は『聖書を読むべき価値や効果メリット、必要性って?|もうあなたは聖書を読まずにはいられなくなる』こちらにてさらに細かくまとめました。

 

聖書を毎日読む事が一番大事

手, 本, 読み取り, 開いた本, 聖書, 文学, 本のページ, 学ぶ, 研究, 教育, ブラウズ, 登板

聖書は毎日読みましょう!

その理由として、体に栄養が必要な様に心にも栄養が必要だからです。

イエスは答えて言われた、「『人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである』と書いてある」。(マタイの福音書4:4)

というわけで、下記のことから解説です。

  • 聖書を読む順番
  • 聖書読む時間
  • 聖書を学び方

聖書を読む順番

聖書を読む時は読む順番があります。

というのも、聖書は読むに挫折するようにできています。

その理由として聖書には旧約聖書と新約聖書とあるわけですが、聖書の最新情報をまとめられた新約聖書が旧約聖書の後に付き足されたので、最初からのんびり読んでしまうとイエス様の主題のメッセージ・メインストーリーまでに半年〜1年はかかります。

なので聖書を読む時は、福音書からのスタートがおすすめ。

聖書を読む順番については、『聖書を読むおすすめの順番の章はどこ?|聖書朗読に失敗した経験から聖書の読むおすすめの順番』で記載しておきます。

 

聖書を読む時間を決めよう

聖書を読む時は、習慣化することをおすすめです。

習慣化しないと、悪霊や誘惑も手伝って読む事を辞めてしまいす。

せっかく聖書の隠された内容、真実を知る前に途中で辞めてはもったいないので、苦痛にならない時間帯で聖書を読む習慣をつけて読んでみましょう!

「聖書を読むまでどのくらいの時間がかかるの?」って疑問についてなどは、下記の記事よりまとめたのでご参照ください。

👉聖書を読むまでの時間ってどのくらい?聖書を読破するまでの時間と挫折しない方法

 

聖書の学び方

応用編なのですが、完璧主義さんには参考書も必要かと。

聖書自体は例えや比喩の表現が難しいため、理解できるものではないので基本飛ばしてOKですが・・。

しっかり理解して読んでいきたい人は、解説書を買って読んでみるといいかと思います。

👉聖書入門におすすめのわかりやすい本6選|初心者でも理解できた!読んで満足する聖書入門書

完全に初心者ならまずステップ毎で聖書を読んでみると入りやすいです。

・優しく聖書を読む👉聖書を勉強するおすすめの方法をステップ毎で解説|!信仰を続けた未来が神ってくる話も・・

 

聖書を読む方法

Antiquariat, 本, 聖書, 宗教, 祈祷書, 古書, 古物, 古いスクリプト, 塞ぎます, 黄色

聖書を読む方法です。

こちらは、聖書を読むための媒体の説明です。

聖書を読む方法

聖書を読む方法は4つ

聖書を読む方法として一番は無料の聖書本を手に出来れば最高ですが・・意外と入手までに行動しないといけないのでめんどくさかったり、運もあるので聖書を入手する方法としては実際に本を買うことがいいかもです。

スマホやタブレットなどの電子版は入手方法までに楽ですが、正直読んでいると聖書を読むのが飽きて他のものを見てしまったりします。誘惑が常にあります。

知らずに脱線しSNSを見たりゲームしてたりします(笑)

なので、僕個人の経験として本を買うことをおすすめしています。

 

というわけで、聖書は有益な情報ばかりなので是非読んでおくのがいいかと思います。

では、祝福がありますように( ^ω^ )ノ

 

コメントを残す