聖書を勉強するおすすめの方法をステップ毎で解説|!信仰を続けた未来が神ってくる話も・・

聖書勉強
ジロー
聖書の勉強法ってどうしてますか?
ジロー
聖書の内容を学びたいのですが、どうした良いですか?
ジロー
おすすめの勉強方法を教えてください。

▲上記の疑問に答えていきます▲

聖書を学ぶ時に「どうやって聖書勉強をするんだろう?」って疑問に思いませんか?聖書の学び方については、あまり公開されてないので勉強法がわからないと思います。

恥ずかしながら僕もしっかり学ぶのに、10年ほど遠回りしました(笑

聖書の学ぶ方法は、先輩クリスチャンにに教えてもらうのがベストですが・・「なかなか見つからない」ってのも事実だと思うので、クリスチャン歴の15年の僕が聖書を学ぶ方法をステップ事にわかりやすく紹介していきます。

本記事でわかること

☑️聖書の勉強方法(ステップ事)

☑️聖書を学んでいった未来

☑️おすすめの聖書勉強方法(まとめ)

 

聖書を勉強するおすすめの方法

本, 聖書, テキスト, 文学, キリスト教, 古い, 研究, 精神的です, 学ぶ, 学習, 知識, 神様

聖書の勉強方法は、ステップ事(概要の理解→知識→信仰による学び)と勉強していくのがおすすめです。

聖書勉強法 レベル1映画を見る

最初におすすめする聖書の映画勉強法は『映画を見る』です。

▼映画を見ることでのメリット▼

  • 話が一気にわかる
  • 概要がイメージしやすい

映画で学ぶメリットとしては、短時間でイエス・キリストの生涯のストーリーがわかると言うこと。

聖書には、旧約聖書・新約聖書と多数の物語がありますが、まず学ぶべきは主にイエス・キリストの物語です。

「キリスト教の映画って古臭い映画しかないんでしょ?」って思ってしまいますが、2000年以降にもイエス・キリストを題材にした映画が続々出ていて画質も綺麗で見やすいので、まずは観てみてください。

👉聖書題材のおすすめ映画!「感動した!」見てよかった聖書映画ランキング20選【保存版】

ちなみに僕も教会に通い洗礼を受ける勉強として、初めにイエス様の古めの短編映画を見ました。

 

聖書勉強法 レベル2 入門書を読む

次の聖書おすすめの勉強は『入門書』を読むこと。

▼入門書を読むメリット▼

  • 聖書全体の概要がわかる
  • 聖書基礎知識が学べる
  • 歴史もわかる
  • 簡単に読める

入門書では、旧約聖書・新約聖書と共に大きな概要を学ぶことができます

ここでは、聖書メッセージを直接触れないものの、聖書の出来事や背景、知識などをざっくり簡単に学べるので今後の聖書朗読をする時に大きな助けになります。

👉聖書入門におすすめの本|初心者でも理解できた!失敗しない聖書入門書6冊をご紹介!

時間を無駄にした僕から見たら、入門書を1冊でも読んでも全然損はないと思います。

ちなみに漫画でも聖書を学べるので『漫画を読みたい!』って方は、漫画でサクサク読んじゃいましょう!

👉聖書がわかるおすすめ漫画|活字が苦手な人も入門書としても超〜読みやすい聖書漫画5選

 

聖書勉強法レベル3 聖書を読む

なんとなく聖書の物語や出来事が学べたら、聖書を開いて読んでみましょう。

聖書を読む前に3点覚えて欲しいことがあります。

  1. 目次を知る
  2. 聖書の構成を知る
  3. 聖書の読む順番を知る

上記の3点を学ぶと、聖書の理解がかなり早く学ぶことができます。

▼知っておくと役に立つ知識▼

👉聖書の目次の覚え方もこれでスッキリ!(読み方・英語つき)すぐに使える覚えるテクニック

👉聖書構成ってどうなってる?分厚すぎる聖書”全1982ページ数”を超簡単に3分で理解。

👉聖書を読む順番場所はどこから?聖書朗読に失敗した経験からおすすめの聖書の読み方を教えます。

と言うのも聖書ってどういうものなのか?知らないと・・読むのが大変苦戦します。

聖書は時代や書かれた場所などが全く違く、それぞれの証をかき集められた本です。

ストレスなく読みたいならまず3つのことを理解してから読んだ方がイージーモードです。

 

聖書勉強法レベル4 解説書を読みつつ聖書勉強

ある程度、聖書を読み進めていくと「ん?」ってなるので、必要であれば解説書も含めて聖書を読みます。

クリスチャン用語で「つまずく」と言うのですが、聖書では知識がいる書があります。

聖書では、神のメッセージがパズルのようになっていて、つまずいた箇所を裏付ける内容が別の書物に書いていたり、言葉の言い回しが難しかったり、例えがわかりずらかったり・・・と、物によっては解読が必要になってきます。

そのために解説書・解読書が必要になってきます。

僕の場合は、先輩クリスチャンや礼拝メッセージから学んでいく感じなんですがね。

未来形の話なので、参考にですが・・👇

👉聖書と一緒におすすめする解説本5選|神の恵みをとり溢さないためにこの解説書は読みましょう

 

もし、まだ自分の聖書を持っていないって人は、翻訳の新しい聖書を買うと朗読が楽です。

👉聖書おすすめの翻訳|欲しい聖書訳がわかる!それぞれの翻訳の違い・比較とまとめました。

 

聖書勉強法レベル5 デボーションをする

聖書を読むようになってきたら『デボーション』をしましょう。

デボーションを知らない人は下の記事より参考にしてください。

👉デボージョン(devotion)とは?聖書デボーションのやり方【基礎コース】を無料で公開します。

では、大きくデボーションをする方法は2つ。

  1. デボーションの本を買う
  2. 自分の聖書からディボーションをする

デボーションをする時は、僕は本でデボーションをするのがおすすめです。

その理由として、しっかり学べるからです。

わかりづらいと思うので比較表を作りました。👇

メリットデメリット
デボーション本
  • 毎日1ページ毎読み進めるだけ
  • 習慣化できる
  • 読むだけだから簡単にできる
  • 他の人の神の証も読める
  • 聖句選ばれているのでわかりやすい
  • 祈る内容も読める
  • 購入費がかかる
聖書でデボーション
  • 無料でできる
  • 場所によっては、学ぶ要点が難しい
  • 自分で考えて学ぶ必要がある
  • しっくりこない箇所がある
  • 学習のハードルが高い

メリットとしては、断然デボーション本の方が学びやすいです。

デボーションのデメリットは購入費がかかりますが、有料と言っても安くて1,000円〜程度から。

毎日決められた学習聖句も用意され、自分には体験できない証も読むこともできるので、学習する価値があります。

 

聖書勉強をし続けた後の未来

市, 風景, パノラマ, 都市の景観, 視点, 雲, 都市, ビュー, シュールレアリズム, 住宅, 空

聖書を学びついた未来についてご紹介していきます。

これは、僕が実際に15年の教会生活の中で変化してきた人間から参考にて紹介です。

芯が強い人間になる

信仰心が高くなると、社会的地位、世のしがらみに左右されなくなります。

例えば「周りの目が気になる」「みんながこうしているから」・・そんな概念に縛られなくなります。

クリスチャンになると神が主人となり、聖霊があなたの価値を教えられていきます。

何言っているかわからないかもしれませんが、ざっくり言えば、神に信頼を置くので恐れがなくなります。

僕はクリスチャン歴15年の教会生活の中で信仰心が高い先生や信徒さんを見てきましたが、信仰が強いのでそれは圧倒されます。

ちなみに僕も神を信じているので、世の恐れは無くなくなってました。

「恐れるな。わたしはあなたとともにいる。 たじろぐな。わたしがあなたの神だから。 」 (イザヤ書41章10節)

 

神の祝福がある

神の祝福が与えられます。

祝福とは恵みあり、あなたに必要な物。全てを与えられます。

「その後、主はアブラムに仰せられた。「あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとしよう。あなたの名は祝福となる。あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。地上のすべての民族は、あなたによって祝福される。」(創世記12章1〜3節)

クリスチャンになると、次々に”祝福”を体験していくことになります。

人間の語源知恵では、解説できないですが・・・祝福について参考になれば・・↓

👉聖書での祝福の言葉とは?15年のクリスチャン生活から学んだ祝福という魔法の言葉がヤバすぎた!

 

平安に満ちた顔つきになる

クリスチャンに共通すること。それは、心優しく平安に満ちていると言うこと。

あなたは今後の人生どちらを選びますか?

  • 怒り、不安、何かに怯え生きる人生
  • 平安と喜びで生きる豊かな人生

絶対後者ですよね。

教会に行った人はわかると思いますが、ほぼほぼ顔つきが穏やかで心優しく安らぎに満ちています。

と言うのも、神様の目的は愛によって一人一人を救うこと。そのために神様は手紙を送っていて、そのメッセージが聖書なんです。

つまり、聖書を読み信仰している人は、聖書を読むことで神の真理が学べるので心に平安が与えられていきます。

 

聖書勉強方法「まとめ」

聖書勉強のまとめです。

聖書の勉強方法は、段階を踏んで学んで行くのがおすすめです。

今回紹介した勉強方法↓

  1. ステップ1 映画を見る
  2. ステップ2 入門書
  3. ステップ3 聖書を読む
  4. ステップ4 解説書を読む
  5. ステップ5 デボーションをする

ステップ③〜⑤辺りまでに行くと、ある程度聖書の理解が深まるので、あなた自身にも変化が訪れるのではないかと思います。

では祝福がありますように( ^ω^ )

 

主を恐れることは知識のはじめである、愚かな者は知恵と教訓を軽んじる。(箴言1:7)

 

👉こちらも読まれています:聖書おすすめ【初心者向け】失敗しない聖書の買い方・学び方をすべて完全総まとめ!

こちらも👉聖書を勉強したい人必見!聖書の勉強方法はそれで合っている?(+クリスチャンの経験)

コメントを残す