聖書入門本におすすめのわかりやすい本6選|初心者でも理解できた!読んで満足する聖書入門書

聖書入門書
スケ助
聖書入門書でおすすめの本はありますか?
スケ助
聖書入門書が欲しいのですが、どの本を選んだらいいですか?
スケ助
聖書が気になります。教えてください

▲上記の悩みからおすすめの聖書入門書を紹介▲

聖書自体が分厚いので「どこから読んだらいいの?」って悩みますよね?

普段から本を読まない人にとって聖書は、大辞典並みなので開くのも読むのも億劫じゃないでしょうか?

聖書を知るなら・・まず入門書が必要です!

なので本記事では、聖書の簡単な基礎知識が解るおすすめの聖書入門書と簡潔に解説しつつまとめました。

本記事でわかること

☑️聖書入門本おすすめ6選

☑️聖書入門での疑問

☑️【まとめ】おすすめの聖書入門書の紹介

 

聖書入門本におすすめのわかりやすい本6選

聖書入門書本のおすすめを紹介です

上馬キリスト協会の世界一ゆるい聖書入門

【本の内容】

「上馬キリスト教会」が、聖書とキリスト教の世界を、ほんとうにゆる~く、ざっくりと紹介します!ノンクリスチャンが抱きがちなソボクな疑問や、教会で飛び交う謎のことば、名画に描かれた聖書の名シーンの数々をわかりやすく解説。

スケ助
聖書の内容をざっくりわかる本です。合コンで飛び交うようなトーク調なので面白く読めます。若い世代におすすめです!

 

▼購入はこちら▼

 

1年で聖書を読破する。永遠のベストセラー完読法

【本の内容】

聖書の全体を理解しやすいよう配列を工夫し、1週ごとに読む箇所に何が書いてあるのかを4ページでコンパクトに解説しています。納得しながら1年で無理なく読み通せるよう、懇切にガイド。聖書入門から、聖書そのものの読破へ、ステップアップに格好の手引書。忙しいでしっかり理解して読みたい人向けの聖書入門書。

スケ助
ゆっくり読めるので挫折しがちの人やしっかり学びたい人におすすめ

 

▼購入はこちら▼

 

知識ゼロからの聖書入門

【本の内容】

旧約・新約の聖書の主だったエピソードを漫画と図解でわかりやすく解説。入門として最適な1冊。漫画付きで説明。

スケ助
図解だけじゃなくマンガ付きなので、イメージ的にもっと理解を深めたい人におすすめ

 

▼購入はこちら▼(Amazon試し読み有り)

 

楽しく学べる 聖書入門

【本の内容】

これから聖書について、学んでみようという人からさらに深く学びたい人までに向けて解説。やさしい文体、雰囲気のある切り絵、地図・チャート・年表・表組みなどの図解エレメンツを駆使しているので、旧約聖書の天地創造から新約聖書のヨハネの黙示録までわかりやすく読むことができます。

スケ助
図表などを使って丁寧に解説しています。形式的に学びたい人にはおすすめ

 

▼購入はこちら▼

 

みんなの聖書・マンガシリーズ(全5巻)

【本の内容】

  • 第1巻 新約聖書1「救世主(メシア)~人類を救いし者~」
  • 第2巻 新約聖書2「使徒(アポストロス)~遣わされし者たち~」
  • 第3巻 旧約聖書1「創世(ジェネシス)~光を受けし者たち~」
  • 第4巻 旧約聖書2「王国(キングダム)~国を建てし者たち~」
  • 第5巻 旧約聖書3「預言者(プロフェッツ)~希望を告げし者たち」

1巻から5巻までがセット内容で聖書の内容をわかりやすくスラスラ読めるお得なセットです。

スケ助
マンガで聖書が学べるので活字がちょっと苦手って人にはおすすめ

 

▼購入はこちら▼

📕参照記事👉聖書がわかるおすすめ漫画|活字が苦手な人も入門書としても超〜読みやすい聖書漫画5選

 

よくわかるキリスト教 土井かおる

【本の内容】

本書は哲学的な視線からイエスの教え「愛」とは? イエスはどうして十字架にかけられたのか? 聖書はだれが書いたのか? 「聖書やキリスト教に興味はあるけれども、踏み込み方がわからない」「キリスト教は戦争ばかりしている宗教ではないか?」と考えられている方、聖書、歴史、宗派・教派から現代問題まで、この一冊でキリスト教をわかりやすく解説しています。イエスの復活とは?キリスト教に関するさまざまな疑問に答えられるよう書かれた一冊です。

スケ助
キリスト誕生の背景や、組織体系などをつかむのにとても良い本になります

 

▼購入はこちら▼

 

聖書入門書ってどんなことが書いてる?

boy reading Holy Bible while lying on bed

聖書入門で大体下記のことが書いています。

  • 聖書の話の構成について
  • 聖書入門書で何が書いていること

上記のことからざっくりと解説していきます。

聖書の話の構成

聖書入門書では「聖書はこういった項目でできているよ」みたいな解説から入ります。

軽くネタバレですが、聖書は前半と後半の上下巻セットの書物なんですね

  • 前半→旧約聖書
  • 後半→新訳聖書

これ何かというと神様との古い契約と新しい契約になります。

では、古い契約と新しい契約の違い👇。

📕旧約聖書・・世界の始まりや神話など(律法、歴史書、文学、預言)が書かれている。イエス・キリストが生まれる前の話

👉俗にユダヤ教が使っている聖典(旧約聖書のみ)

📕新約聖書・・イエス・キリスト誕生によって生まれた福音や預言(新契約)=新たなメッセージ・契約が書かれた話

👉新たに新約聖書を追加してされたものがキリスト教で使う聖書(旧約聖書・新約聖書)

かなりざっくりですが、「聖書を大きく分けるとこのような構成になります。」と・・説明が始まります。

 

聖書入門書で書かれていること

聖書入門書で書かれていることは、大体下記の内容です。

  • 聖書の旧約聖書・新訳聖書の概要
  • 旧約聖書のストーリー(天地想像・イスラエルの民の話・脱エジプト記など)
  • 新訳聖書のストーリー(イエスの誕生・イエスの復活・弟子達の伝道記)
  • 他(クリスチャンがよう使う聖句や疑問)

聖書入門書では、大体上記の内容が書かれています。

例えば、旧約聖書では、一度は聞いたことのあるモーセが海を割る話、カインとアベルの兄弟殺しの話、アダムとイブのエデンの園の追放など記載といったところです。

これ以外の内容が書かれているのは、首を閉めるのでNGです。というのも逆にこれ以外のことを書いている本だと、本来の聖書の本質の触れるのが難しいです。

例えば、聖書入門書を買いにきたのに「仏教・キリスト 教・イスラム教の各宗教の違い」「悪魔と天使の大戦争について・・」「キリストのエホバ入門書?」「カトリック教会の紹介」だったら趣旨がズレますね。

純粋に聖書の入門の本を買いましょう。

 

聖書入門書を読んだ後の疑問

man hiding behind the curtain

聖書入門書を読み終わった後、下記の疑問が残りますので解説。

  • 聖書ってどこから読んだらいいかわかりません
  • 聖書を読んで見たけど意味がわかりません
  • 全部読むべきですか?

上記の疑問は、聖書入門書では書かれていないですが聖書入門書を読み終えた後に出てくる疑問になります。

なのでクリスチャン歴15年の僕が上記の疑問から答えていきます。

 

Q聖書ってどこから読んだらいいかわかりません

(結論)新約聖書から読むのをおすすめです。(マタイによる福音書など)

なぜなら、旧約聖書は、歴史書や文学など読むのに難しいので後半の新約聖書から読んで見てください。

旧約聖書は、読んでてあくびが出ます(笑)

 

Q聖書を読んで見たけど意味がわかりません

結論)意味が分からなくて大丈夫です。何も問題ありません。

そもそも、聖書の内容自体が難しいので無理に理解する必要がありません。というのは、例えが難しく間違った解釈をする可能性があるからです。

なので初めは分からない時は「こんなこと書いてあったなーー」って感じでOKです。

いずれ意味を知るときが来るので、分からない時は無理に理解する必要ありません。

例えば、イエス・キリスト様が山頂でみんなに説教をするシーンがマタイによる福音書5:38〜39に描かれているのですが・・

「あなたがたも聞いているとおり、『目には目を、歯には歯を』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。悪人に手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい。」

聖書引用 新約聖書より マタイによる福音書 5章38~39節

一度は聞いたことがあることわざですが・・この意味は、やられたらやり返すのではなく、「もう片方も差し上げなさい。」という意味でイエス様は教えているのですね。

これはイエス様の”互いに愛しなさい”という教えから傷つけられたものと同価の償いによって賠償させなさいという愛の教えにつながります。

深い話ですね。

こういった聖書の意味については、教会に行って説教で学んでいきます。

 

Q聖書を全部読むべきですか?

(結論)今は無理して読まなくてもいいです。

聖書は、読みたくなる時が来るのでその時に読めばいいのです。

僕もあまり信仰心がない方でほとんど読んでいなかったのですが、聖書を読む意味を知った時は・・がむしゃらに読みました。

というのは、自ら自然と聖書を読む時があり、その機会は与えられる物だからです。助けを求める時に救いの手が伸びるものです。

 

おすすめの聖書入門(まとめ)

聖書入門書まとめです。今回紹介した聖書の入門書を6選です。

 

📕「上馬キリスト教会」が、聖書とキリスト教の世界を、ほんとうにゆる~く、ざっくりと紹介した入門書

 

📕忙しいでしっかり理解して読みたい人向けの聖書入門書。

 

📕旧約・新約の聖書の主だったエピソードを漫画と図解でわかりやすく解説。

 

📕これから聖書について、学んでみようという人からさらに深く学びたい人までに向け

 

📕1巻から5巻までがセット内容で聖書の内容をわかりやすくスラスラ読める 

 

📕聖書、歴史、宗派・教派から現代問題まで、この一冊でキリスト教をわかりやすく解説

 

【追記】聖書を初めて読む人の入門書の選び方は。

  1. 絵やグラフでを取り入れて説明している
  2. 説明文がわかりやい
  3. 文字がある程度大きく読みやすい
  4. 難しいなら漫画もあり

予算は、1000円〜3000円以内とあまり変わらないので値段は気にせず読みやすい本を買うことをおすすめ

 

いかがでしたか?気になる本はありましたか?どれも面白く学べる入門書なので聖書を読んでみたい人は手にして読んでみてくださいね。

では、祝福がありますように( ^ω^ )

👉聖書におすすめアイテム!聖書インデックスの綺麗な貼り方|実際に買って貼ってみた。失敗から綺麗に貼る方法を解説

一緒に読まれている記事👉聖書と一緒におすすめする解説本5選|神の恵みをとり溢さないためにこの解説書は読みましょう

👉こちらも読まれています:聖書おすすめ【初心者向け】失敗しない聖書の買い方・学び方をすべて完全総まとめ!

コメントを残す