ヨハネの黙示録で語られる7つの封印とは?世界の終わりの始まりを1つずつ解いていく・・

ヨハネの黙示録 7つの封印
ジャンヌ
聖書の黙示録に書いている7つの封印って何ですか?
ジャンヌ
7つの封印が解かれる事で何が起こりますか?
ジャンヌ
わかりやすく簡単に教えてください?

▲上記の質問に答えていきます▲

新約聖書(聖書の最後の方)では、世界の結末論が預言されている『ヨハネの黙示録』という書があります。

この書の結果、神から人間は創造できないほどの苦しみが与えられます。

👉黙示録は、『7つの封印7つのラッパ→神とサタンの戦い(天界のバトル)→7つの鉢→千年王国(のちキリスト再臨)』と話が進みます。

今回は、この7つの封印についてご解説です。

 「小羊がその七つの封印の一つを解いた時、わたしが見ていると、四つの生き物の一つが、雷のような声で「きたれ」と呼ぶのを聞いた。」(ヨハネの黙示録6:1)

というわけで、このラッパが吹かれることで起きる出来事をご紹介していきます。

本記事でわかること

☑️7つの封印で起こる事と次に起こる事・・

ヨハネの黙示録で語られる7つの封印

壁紙, 背景, ゲート, ドア, 秘密, アーキテクチャ, 入り口, 古いドア, グリッド

ヨハネの黙示録は、イエス様のお弟子さん=使徒であるヨハネが神から啓示されます

初めに次のようなもので天の玉座に神がいてさ〜その周囲には24人の長老とライオン、雄牛、人間、鷲(わし)にそれぞれ似ている4つの生き物が取り囲んでいたんだよ!しかも神の手には巻物があって〜それが7つの封印で封じられていたんだけど・・7つの角と7つの目をもつ小羊が一つずつ封印を解いていくんや。

こんな感じで世界の終末が始まっていきます。

👉ヨハネの黙示録の7つの封印は、黙示録(始まりの前半6:1-17、開封後の後半8:1-5)に書かれています。

子羊が七つの封印を開封する(6章-8章5節)

 

黙示録1の封印:勝利の上に更に勝利を得ようとして出て行く白い馬

初めの封印では、神のファンファーレとして白い馬が現れます。

馬, ペガサス, アーチ道, ファンタジー, 神秘的な, おとぎ話, 神話上の生き物, 夢, 翼, シュール

勝利の上に更に勝利を得ようとして駆け出して出て行く白い馬が出現。

小羊がその七つの封印の一つを解いた時、わたしが見ていると、四つの生き物の一つが、雷のような声で「きたれ」と呼ぶのを聞いた。そして見ていると、見よ、白い馬が出てきた。そして、それに乗っている者は、弓を手に持っており、また冠を与えられて、勝利の上にもなお勝利を得ようとして出かけた。(ヨハネの黙示録6:1〜2)

 

黙示録2の封印:戦争をもたらす火のような赤い馬。

第2の封印は、鮮やかな燃え盛る赤い馬が解き放たれ戦争が起こります。

火馬, 馬, 消耗, 火災

三國無双でいう呂布が乗っていた馬より赤いでしょう!

南関の呂布・千里の赤兎馬 (@tomoryofu) | Twitter

※イメージ

小羊が第二の封印を解いた時、第二の生き物が「きたれ」と言うのを、わたしは聞いた。すると今度は、赤い馬が出てきた。そして、それに乗っている者は、人々が互に殺し合うようになるために、地上から平和を奪い取ることを許され、また、大きなつるぎを与えられた。(ヨハネの黙示録6:3〜4)

 

第3の封印:飢饉をもたらす黒い馬(6:5-6)

第3の封印では、飢饉をもたらす黒い馬が現れます。

ペガサス, 海, 水, 空, 雲, 翼, ぼかし, 飛行, ビーチ, ロッキー海岸, ミラー, 光, サーフ

ここでは食糧難民が増えてます。

恐らく戦争により軍人に食料が持っていかれたり、敵による食糧保管所、農家の攻撃により荒地になり、貿易もストップ、食料食糧の不足になりそうです。

毎日お雑煮か草を食べる日がきます・・(泣)

 また、第三の封印を解いた時、第三の生き物が「きたれ」と言うのを、わたしは聞いた。そこで見ていると、見よ、黒い馬が出てきた。そして、それに乗っている者は、はかりを手に持っていた。すると、わたしは四つの生き物の間から出て来ると思われる声が、こう言うのを聞いた、「小麦一ますは一デナリ。大麦三ますも一デナリ。オリブ油とぶどう酒とを、そこなうな」。(ヨハネの黙示録6:5〜6)

 

第4の封印:死をもたらす青白い馬

第4では、青白い馬により死人が増えます。

ダウンロード画像 馬, ネオン馬, 青い馬, 火の馬 フリー. のピクチャを無料デスクトップの壁紙

青白い馬がちょっと厄介なのは「地の四分の一を支配する権威、および、つるぎと、ききんと、死と、地の獣らとによって人を殺す権威」とあります。

ということは、地球の4分の1の土地・人が戦争、飢饉、死、獣の攻撃によって人を殺していくというものです。

仮に今起こればですが、2020年現在の人口は77億人なので、7つの封印によって最低19億の人は死にます。

ちなみの2100年だと109億人と推定されているので27億人が死ぬ計算になります。

小羊が第四の封印を解いた時、第四の生き物が「きたれ」と言う声を、わたしは聞いた。そこで見ていると、見よ、青白い馬が出てきた。そして、それに乗っている者の名は「死」と言い、それに黄泉が従っていた。彼らには、地の四分の一を支配する権威、および、つるぎと、ききんと、死と、地の獣らとによって人を殺す権威とが、与えられた。(ヨハネの黙示録6:7〜8)

 

第5の封印:殉教者が血の復讐を求める

第5の封印が解かれた時は、やっと馬シリーズは終わり、殉教者(信者の霊)により復讐が求められます。

ステンド グラス, カラフルです, 男性, 2, 使徒, キー, パラダイス, 聖人, ピエール, Paul

「早く悪い奴らに裁きの時を与えてくれよーー」などとイエス様のために死んだ多くの嘆く魂に神様は、白い衣をプレゼントをされ「人数が満員になるまで休憩してお待ちください」などと殉教者は待機にされます。参考(7:9-17)

その間は、みんなで過去の思い出に浸り雑談でもするのでしょうか。

小羊が第五の封印を解いた時、神の言のゆえに、また、そのあかしを立てたために、殺された人々の霊魂が、祭壇の下にいるのを、わたしは見た。彼らは大声で叫んで言った、「聖なる、まことなる主よ。いつまであなたは、さばくことをなさらず、また地に住む者に対して、わたしたちの血の報復をなさらないのですか」。すると、彼らのひとりびとりに白い衣が与えられ、それから、「彼らと同じく殺されようとする僕仲間や兄弟たちの数が満ちるまで、もうしばらくの間、休んでいるように」と言い渡された。(ヨハネの黙示録6:7〜8)

 

第六の封印:地震と天災

第6の封印では、地震や天災の災害が起こります。

  1. かつてない大地震
  2. 太陽は黒くなる
  3. 月は真っ赤
  4. 星が落ちてくる

など・・。

SFのような話ですが、ここまで来ると・・どこも安全な場所がなさそうです。

小羊が第六の封印を解いた時、わたしが見ていると、大地震が起って、太陽は毛織の荒布のように黒くなり、月は全面、血のようになり、天の星は、いちじくのまだ青い実が大風に揺られて振り落されるように、地に落ちた。天は巻物が巻かれるように消えていき、すべての山と島とはその場所から移されてしまった。地の王たち、高官、千卒長、富める者、勇者、奴隷、自由人らはみな、ほら穴や山の岩かげに、身をかくした。そして、山と岩とにむかって言った、「さあ、われわれをおおって、御座にいますかたの御顔と小羊の怒りとから、かくまってくれ。御怒りの大いなる日が、すでにきたのだ。だれが、その前に立つことができようか」。(ヨハネの黙示録6:12〜17)

 

第7の封印:静寂な時が流れ、祈りがささげられる

第7の封印が解かれた時には、しばらく静寂な時が流れます

破滅, 城, ゴースト, 奇妙な, 気味の悪い, 精神, 修道士, プレストレストコンクリート, ゴースト城

ですが・・これだけは終わらずに、次は7つの天使にそれぞれラッパが与えられます・・。

って事で次は・・7つのラッパの災害に入ります。恐ろしい

小羊が第七の封印を解いた時、半時間ばかり天に静けさがあった。それからわたしは、神のみまえに立っている七人の御使を見た。そして、七つのラッパが彼らに与えられた。また、別の御使が出てきて、金の香炉を手に持って祭壇の前に立った。たくさんの香が彼に与えられていたが、これは、すべての聖徒の祈に加えて、御座の前の金の祭壇の上にささげるためのものであった。香の煙は、御使の手から、聖徒たちの祈と共に神のみまえに立ちのぼった。御使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた。すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起った。(ヨハネの黙示録8〜5)

 

 

これがヨハネ黙示録の7つの封印が解かれた話となります。

次は7つのラッパが解かれます!

👉NEXT:聖書の7つのラッパの災害とは?あまりに恐ろし過ぎる7つの災害をわかりやすくご紹介です!

 

コメントを残す