クリスチャンの祈り方|突然「祈って」と振られても大丈夫!これで祈りの基礎はマスター!

クリスチャン祈り方
ジョン
クリスチャンになり祈ってみたいですが、どうやって祈りますか?
ジョン
兄弟や教会で祈りを振られるときどうやって祈ったらいいですか?

▲上記のことから答えていきます。▲

「クリスチャンになったけど祈り方がわからない」「教会内で祈って下さい。と言われたけど祈り方がわからない」←こんな悩みないですか?

僕もクリスチャンになりたての時は、祈り方がわかりませんでした。

人の祈りを聞くとレベルの格差があり困惑。礼拝で突然、祈ってください。とマイクを渡されアタフタ・・・。

僕はクリスチャン歴20年で緩く教会生活を送っていきましたが、結論・・祈り方は教えてもらい学ぶものではなく聞いて真似して実践していくというものでした。

その後、僕も本を読みつつ祈りの勉強をしていくことで祈り方の基本を理解したので、こちらの内容をシェア出来るようにまとめたので祈り方がイマイチな人はご参考にしてみてください。

本記事でわかること

☑️クリスチャンの祈り方マインド

☑️クリスチャンの初めての祈り方

☑️祈る時の疑問

クリスチャンの祈り方マインド

見上げてください, 望み, 黒、白, 肖像画, 人, 上, ハッピー, 男, 祈る, 祈り, 顔, 人間

まず、クリスチャンの祈り方の前に大事なマインドがあります。

  • 祈りは、へりくだる心が大事
  • 一人でこっそりと
  • 簡潔に祈る
  • 祈りのキーワードがある

では、上記の内容から聖書を照らし合わせて解説。

祈りはへりくだる心が大事

祈りは、へりくだる(腰を低い)心で祈ることが大事です。

「神様やってよー。聞いてくれよー」と上目線で祈ってはN Gです。上目線で祈るのは傲慢になってしまいます。

ちなみに神様は、傲慢は嫌います。

高ぶりは滅びにさきだち、誇る心は倒れにさきだつ。高ぶりは滅びにさきだち、誇る心は倒れにさきだつ。(箴言16:17〜18)

上記の聖句がよくわからないと思いますが、滅びの代表と言えばサタン(堕天使ルシファー)です。彼は傲慢の上に滅びました。

たとえ話の例ともう一つ。福音書で取税人とパリサイ人の祈りで神が聞かれる祈りを立証された箇所です。

自分を義人だと自任して他人を見下げている人たちに対して、イエスはまたこの譬をお話しになった。「ふたりの人が祈るために宮に上った。そのひとりはパリサイ人であり、もうひとりは取税人であったパリサイ人は立って、ひとりでこう祈った、『神よ、わたしはほかの人たちのような貪欲な者、不正な者、姦淫をする者ではなく、また、この取税人のような人間でもないことを感謝します。わたしは一週に二度断食しており、全収入の十分の一をささげています』。ところが、取税人は遠く離れて立ち、目を天にむけようともしないで、胸を打ちながら言った、『神様、罪人のわたしをおゆるしください』と。あなたがたに言っておく。神に義とされて自分の家に帰ったのは、この取税人であって、あのパリサイ人ではなかった。おおよそ、自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるであろう」。(ルカ18:9〜14)

祈りでもへりくだることが大事なのです。

 

一人でこっそり祈る

祈る時はこっそり祈りましょう。

祈りはパフォーマンスではありません、お父さんとの個人的な会話です。

イメージで言えば、夜にお父さんと二人きりで今日の1日や悩みを相談する憩いの場です。

また祈る時には、偽善者たちのようにするな。彼らは人に見せようとして、会堂や大通りのつじに立って祈ることを好む。よく言っておくが、彼らはその報いを受けてしまっている。あなたは祈る時、自分のへやにはいり、戸を閉じて、隠れた所においでになるあなたの父に祈りなさい。すると、隠れた事を見ておられるあなたの父は、報いてくださるであろう。(マタイ6:5〜6)

 

簡潔に祈る

祈りは簡潔でOKです。

その理由は、神様は祈る前から祈る内容を全て知っているからです。

また、祈る場合、異邦人のように、くどくどと祈るな。彼らは言葉かずが多ければ、聞きいれられるものと思っている。だから、彼らのまねをするな。あなたがたの父なる神は、求めない先から、あなたがたに必要なものはご存じなのである。(マタイ6:7〜8)

ですが例外もあり、聖霊による祈りの場合は、祈る内容が濃いの長くなるためお任せコースで祈ってください。

聖霊の祈りとは、聖霊の霊に満たされた時に勝手に頭に言葉が浮かんで祈ったりすることです。他は異言の祈りという祈りもあるのでこの時は霊に任せて祈りたいままに祈るだけです。

霊のとりなしの祈りは特殊なのでまた意味が違います。

異言とは?👉異言での祈り方をご紹介|異言のコツはここにあった!疑問も解説していきます。

自分の頭で考えて祈る時は、簡潔に祈って十分OKです。

 

祈りで大事なキーワード

祈りで大事なキーワードがあります。

「祈り方がわからない!雛形をくれよ」って方にもおすすめな祈りなのですが、イエス様が弟子たちに教えてくれた祈りにキーワードである祈りポイントがあります。

天にまします我らの父よ。願わくは御名(みな)をあがめさせたまえ。

hallowed be your Name; your kingdom come;


御国(みくに)を来たらせたまえ。

your Will be done on earth as in hearven.


みこころの天になるごとく、地にもなさせたまえ。

Give us today our daily bread.


我らの日用(にちよう)の糧(かて)を今日も与えたまえ。

Forgive us our sins as we forgive those who sin against us.


我らに罪を犯すものを我らが赦(ゆる)すごとく、 我らの罪をも赦したまえ。

Lead us not into temptation;but deliver us from evil.


我らを試(こころ)みにあわせず、悪より救いいだしたまえ。

For the kingdom, the power, and the glory are yours


国と力と栄えとは、限りなく汝(なんじ)のものなればなり。

now and forever.


アーメン。

Amen

聖書引用:マタイによる福音書第6:9~13

・祈りの意味について👉聖書の主の祈りの意味がわからない人向けに【主の祈りの9つの意味】を簡単に徹底解説!

上記は祈りのベースとなる祈りですが、祈りの流れとしては参考になります。

  1. 祈りを捧げる名前を呼ぶ
  2. 祈れることに感謝する
  3. 平安な世界が来るように祈る
  4. 今日の1日の恵を祈る
  5. 罪に関して赦しを得る
  6. 悪の誘惑がないように祈る
  7. アーメンで締める。

この【名前を呼ぶ、感謝、心を一つ、恵を頂く、罪の赦し、神の守り、締め】のキーワードポイントを頭に入れとくと祈りやすくなります。

 

クリスチャンの初めての祈り方

祭司, 牧師, 聖書, キリスト教, スピリチュアル, 説教者, 教会, 宗教的, カトリック, 神様, 宗教

クリスチャンの祈り方を手順に沿って各種解説です。

  • 個人プライベートでの祈り方
  • 教会での祈り方
  • 他の人のとりなしの祈り方

上記の祈り方から解説していきます。

個人プライベートでの祈り方

個人での祈りは、自由に祈ってみましょう。

祈りは神様とのコミュケーションなので、両親にお話するように祈ります。

最初に名前を呼ぶところと最後に主の名によるアーメンだけつけて祈ってみてください。

特に縛りもないので、自由です。

 

教会での祈り方

教会での祈りは、名前、感謝、今日の祈りの課題、アーメンでOKです。

例)愛する父なる神よ。

今日の恵に感謝します。

私たちは、今日の礼拝で神に信頼する心の大事さを学びました。

私たちは、日頃弱い存在です。こうしてあなたに信頼して生活できるようにしてください。

主の名によって感謝しお祈りします。アーメン。

簡単にでしたが、これに普段思ってることや感じたことを付け足して祈るとスムーズに礼拝らしい祈りが祈れると思います。

 

他の人のとりなしの祈り方

教会にいくと「祈ってください」と、とりなしの祈りを頼まれる場合もあるのでこちらもご紹介です

祈り課題)左腕の怪我を祈ってほしい。

愛する天のお父様。

今日の〇〇姉妹と出逢えたことに感謝します。

〇〇姉妹は、1週間前にスポーツで左腕を怪我してしましました。

イエスの血潮により、この苦しみと左上の癒しが注がれますようにお祈りしていきます。

イエスの名によって癒し求めお祈りします。アーメン。

とりなしの祈りは、こんな感じで祈ります。

ちなみに癒しの業の箇所は、福音書や使徒の働きに多く参考として書いているのでこちらも合わせて読んでいくと祈りが聞かれるかと思います。

👉聖書の種類と選び方|これでわかる!聖書選びの基礎知識を簡単に説明。

 

【疑問】祈る時は心を落ち着かせて祈る

祈る, 子供, カンボジア, 宗教, 祈り, 人, 宗教的, 茶色の祈り

祈り時の疑問についてです。

祈りの時に下記の疑問があると思います。

  • 祈りで熱くなる現象
  • 祈るタイミング
  • 祈りの姿勢
  • 祈りの時間

上記につきましては、僕も同じ疑問を感じた箇所なので応えていきます。

 

祈りで体が熱くなる現象。

祈ると体が熱くなるケースがあります。

これは僕も経験済みです。背中や手など体が暖かかくなります。

不思議と祈る時だけです。

主の霊ですので、怖がらず祈りを続けてください。

 

祈るタイミング

祈るタイミングは自由です。

最低限の祈りのタイミングは、食事と出勤・通学・帰宅・就寝前。

食事は感謝の祈りができ、外に行く時は悪魔と遭遇するので誘惑がないように祈ります。就寝は今日の感謝と明日の祈りができます。

あとは、自分が欲しいこと望むことがあれば暇な時間で祈るといいでしょう。

祈りは、リミット制限がありません。

 

祈りの姿勢

祈りの姿勢も自由です。

霊的には形がありませんので、寝ても食事中でも座っても祈れます。

病気の時とかは無理に立って祈れないので寝ながらでも問題ないでしょう。神様は立てない人に立って祈れ!なんて言わないでしょう。

無理なく自分ができる姿勢で祈ってみましょう。

 

祈りの時間

祈りの時間は、できる限り祈りましょう

最低10分でも祈りましょう。

祈ると祈らないとでは、結果が変わってきますよ。

僕の知っている話でその方はいつも祈っている方でしたが、その時は祈らず出先に出向いたところ多くの問題があったという話を聞いたことがあります。

神様は、祈る姿勢もみていて応えられるので、できるだけ祈ることをお勧めします。

 

祈りは心を見る

祈り, 子供, 子供が祈る

結論、主は祈りの心を見ます。

神様は心を見ます。

祈りの回数や時間、どんな思いで祈っているか?、祈りの姿勢、祈りの内容など間違いなく見ています。

僕も毎日祈りますが、祈らない時は神様の視線を感じます。

クリスチャンになると心にイエス様の家ができるので祈らないとモヤモヤしてしまうこともあるのですが、できるだけ自分の時間を1分でも割いて祈ると神様は喜ばれますよ。

わからなくても、とにかく祈ってみると祈る課題や祈るキーワードも自然と与えられますから、ガンガン祈りまくってください!祈ることで多くの恵が注がれます。

 

では、祝福がありますように( ^ω^ )ノ

 

関連記事:聖書から祈りが聞かれない原因と主に祈りが聞かれるためにする方法

 

コメントを残す