主の祈りの覚え方|誰でもできる!主の祈りを覚えるための3ステップ。

主の祈りの覚え方
主の祈りを覚えたいのですが、どうしたら覚えられますか?
覚えるコツとかありますか?

▲上記のことから答えていきます。▲

「主の祈りを覚えたい!」主に仕える者となれば、主の祈りはマスターしたいと思いますよね!

なぜこの箇所を覚えておいた方がいいかというと、集会などで読み上げる機会もあるのですが、イエス様が祈り方がわからない弟子達に直々に祈り方を教えた祈りだからです。

これは私たちのためでもあります。

やはり、是非覚えたい!

そんなわけで、クリスチャン歴20年ほどになってしまった僕が”主の祈りを覚えるためのポイントやコツ”をご紹介していきます。

主の祈りの覚え方

woman praying under tree during daytime

主の祈りの覚え方です。

主の祈りの覚え方 ステップ①内容を知る

覚えやすいように大きく7パートに分けました。

  1. 父の名を呼ぶ
  2. 神の国を望む(天地に)
  3. 今日も生きれるように祈る
  4. 罪に関して祈る(他人の許し、自分の罪)
  5. 悪からの救いや、誘惑を避けれるように祈る
  6. 主に栄光を返していく
  7. 締めの祈り

まず内容を覚えます。

文面だけ見ると難易度が上がるので、どんな内容を祈っているのかを把握する事が早いスタートです。

最初に祈りの意味を知るのもいいかもしれません。

祈りの意味!👉聖書の”主の祈り”の意味がわからない人向けに【主の祈りの9つの意味】を簡単に徹底解説!

 

主の祈り覚え方 ステップ②毎日祈る

単純な事ですが、毎日の祈りで祈ってみてください。

僕は、毎日の祈り始めから祈りの課題をノートにまとめて祈っています。

毎日の習慣なので、徐々に内容を覚えていきます。

これは結構効果的なので、ノートに写して毎日読んでみてください。

あとは、自宅で目につくところに祈りの紙を貼っておくのもありです。

御言葉を家に飾るって安心できますよ。

 

主の祈り覚え方 ステップ③歌う

効果がある主の祈りの覚え方として、賛美歌として歌います。

文字で覚えられないなら歌で覚えてみましょう。

僕も身近な人で歌で覚えた方がいますので・・歌は効果ありです。

これなら、楽しいので子供でも実用できるのはないでしょうか?

 

▼主の祈り▼

天にまします我らの父よ。
願わくは御名(みな)をあがめさせたまえ。
御国(みくに)を来たらせたまえ。
みこころの天になるごとく、
地にもなさせたまえ。
我らの日用(にちよう)の糧(かて)を
今日も与えたまえ。
我らに罪を犯すものを我らが赦(ゆる)すごとく、
我らの罪をも赦したまえ。
我らを試(こころ)みにあわせず、
悪より救いいだしたまえ。
国と力と栄えとは、
限りなく汝(なんじ)のものなればなり。
アーメン。

 

では祝福がありますように( ^ω^ )ノ

 

▼関連記事▼

👉主の祈りひらがなバージョン【子供向け】幼稚園向けもOK!

👉異言での祈り方をご紹介|異言のコツはここにあった!疑問も解説していきます。

👉聖書から祈りが聞かれるコツ|祈りが聞かれない原因と主に祈りが聞かれるためにする方法

 

コメントを残す