聖書で人間関係やストレスについてどのように教えてる?主にも人間関係の悩みを聞いてみた!

人間関係

 

人間関係で悩んでいます。聖書でどこかいい箇所はないでしょうか?
鈴木
聖書では、人間関係の悩みについてどのように教えていますか? 

▲上記のことから答えていきます。▲

「人間関係で悩んでいて苦しい。」誰もがこのような壁にぶち当りますよね。

僕もメンタルが弱いのでよく人間関係につまずきます。不信仰な時期は、自己啓発本をよく買っていたほどです。

やっぱり一番効果があるのは、聖書を読み平安をもらうことです。

今回、聖書から少し霊的な事実を知りつつ人間関係の悩みについてまとめいきます。

本記事でわかること

☑️聖書で教える人間関係について

☑️人間関係のストレスの解放

☑️主からの人間関係のメッセージ

聖書で教える人間関係についてのこと

three men and one woman laughing during daytime

聖書から人間関係の悩みについて下記の流れでまとめます。

  • 人間関係でつまずく人の特徴
  • 聖書から御言葉で励まされる
  • 自分の価値を知る

上記の通り。

 

人間関係でつまずく人の特徴

人間関係で悩んでいる人は、悪に騙されています。

人間関係につまずく人の特徴。

  • 自分が嫌い
  • ネガティブになりやすい
  • 自我が強い
  • 人の言葉を気にする
  • 人の目を気にする

など1つは、当てはまるかと思います。

人に言われたことを気にしたり、比較して落ち込んで気持ちが暗くなったり、自我が強いので相手と揉めたり、人の目を気にして上手く行動できなかったり・・と様々な原因でつまずきます。

聖書に上記のようなことは「(あなたはだめ)(自分を責めなさい)(自分中心になりなさい)(人の言葉を注意深く思いなさい)(人の目を気にしなさい)」等は教えていません。

こういった特徴は、元々あなたにあるものでは無く・・悪があなたに攻撃して気持ちが奪われている状況になっています。

健全な心になれないのは、悪魔の仕業です。

悪魔は、心に入ってくるんです。

👉聖書から悪魔についての情報と攻略法【まとめ】これで悪魔の罠が知れる!神の武具の御言葉も・

 

聖書から励ますおすすめの御言葉

人間関係で悩んだら聖書を読みましょう。

主・神(キリスト)は、弱い者を励まし力を示し、強く威張り悪を行う者に敵対します。

わたしは、うせたものを尋ね、迷い出たものを引き返し、傷ついたものを包み、弱ったものを強くし、肥えたものと強いものとは、これを監督する。わたしは公平をもって彼らを養う。(エゼキエル34:16)

心を晴らすための解決策として、聖書の言葉を読むことをおすすめします。

というのも、今あなたに必要なのは心の癒しで、癒されるには聖書が必要だからです。

例えばですが、下記の箇所は元気のない人向けのおすすめの箇所です。

「すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう。」(マタイ11:28〜29)

「恐れてはならない、わたしはあなたと共にいる。驚いてはならない、わたしはあなたの神である。わたしはあなたを強くし、あなたを助け、わが勝利の右の手をもって、あなたをささえる。」(イザヤ41章10節)

「わたしはあなたに命じたではないか。強く、また雄々しくあれ。あなたがどこへ行くにも、あなたの神、主が共におられるゆえ、恐れてはならない、おののいてはならない。」(ヨシュア記1:9)

心に元気がなくなったら命の言葉(聖書)を食べる必要があります。

もっと励ましの言葉を読む👉聖書の名言から励ましの人必見(英語付き)誰もが励まされている聖書箇所まとめ

 

自分の価値を知る

あなたは、神様に愛されています。この事実を受け取りましょう!

人が「お前はダメだ」と言うのは信じないでください。

僕もこのダメダメトラップで鬱になりかけた経験がありますが、主に立ち返ることで主の愛に思い起こせましたが・・。

聖書がその証拠です。世界は悪ですが、神様はあなたのことを救うために多くの印を与えています。

ちなみに愛について個人的な預言で教えられたことを別記事にあるので読んでみてください。

 

主が教える愛について。2021/5/9個人預言

2021年5月19日

 

人間関係でのストレスの解放

silhouette photo of man on cliff during sunset

具体的に人間関係で悩まないようにするためにGOOD思考とBAD思考をまとめます。

主があなたに求めること

主が求めることは、愛すること、平和を求めること、相手を許し、義を求めることです。

参考の御言葉を載せます。

👇主が求める心

「平和をつくり出す人たちは、さいわいである、彼らは神の子と呼ばれるであろう。」(マタイ5:9)

第二もこれと同様である、『自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せよ』。(22:39)

「何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに、感謝をもって祈と願いとをささげ、あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい。そうすれば、人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとを、キリスト・イエスにあって守るであろう。」(ピリピ4:6-7)

間違った考えは、怒りを持っていたり、裁いたりと悪や怒りの思いを持つことです。

 

👇悪の思いを断ち切ろう

「人をさばくな。自分がさばかれないためである。あなたがたがさばくそのさばきで、自分もさばかれ、あなたがたの量るそのはかりで、自分にも量り与えられるであろう。」(マタイによる福音書 7:1-2)

”愛する者たちよ。自分で復讐をしないで、むしろ、神の怒りに任せなさい。なぜなら、「主が言われる。復讐はわたしのすることである。わたし自身が報復する」と書いてあるからである。”(ローマ12:19)

「しかし、もしあなたがたの心の中に、苦いねたみと敵対心があるならば、誇ってはいけません。真理に逆らって偽ることになります。そのような知恵は、上から来たものではなく、地に属し、肉に属し、悪霊に属するものです。ねたみや敵対心のあるところには、秩序の乱れや、あらゆる邪悪な行ないがあるからです。」(ヤコブ3:14〜16)

 

間違ったストレスの発散方法

間違ったストレス発散方法は、世の物に癒しを求めることです。

ここは注意です!

「世と世にあるものとを、愛してはいけない。もし、世を愛する者があれば、父の愛は彼のうちにない。すべて世にあるもの、すなわち、肉の欲、目の欲、持ち物の誇は、父から出たものではなく、世から出たものである。」(Ⅰヨハネ2:15〜16)

ハッキリ言います。この世の物でストレス発散は間違いです。虚しいだけです。

 

悪魔は、あなたのお金、純白な心、家族、命などあらゆる物を奪っていきます。

「盗人が来るのは、盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするためにほかならない。わたしがきたのは、羊に命を得させ、豊かに得させるためである。」(ヨハネの福音書10:10)

悪魔は、小さな悪霊を使し、あなたの心にストレスという霊を憑せ、あなたの欲しい物(欲)に誘惑してあなたの物を奪っていきます。

僕も何度も何度もこの策略に騙されています。

聖霊によって心の傷を解放される方が正しい解放です。

 

人間関係で悩み→主のメッセージ【個人預言より】

僕は普段から主より霊的預言を授かっていまして、このことも主に聞いてみましたのでよかったら参考にしてみてください。

↓主の声を聞きてみました↓

「私の愛する息子、娘。 あなたの傷ついた心を癒そう。あなたの心に手を置いていく。心を解放しなさい。私を受け入れなさい。そうすれば私の想いがあなたの心に愛と平和を平穏の霊を置いておく。私がすべてのことを透き通しみていく。方位磁石はどこをむいているか?私はこのように常にいつでも正しいことを示す。迷いもなく、揺るぐこともない。私はすべての出来事と心の中を見ている。あなたの心を溶かすことができるのだから。今夜私を受け入れ扉を開けなさい。あなたは昼間は心を閉ざしている。だから夜、またはあなたが休まる時に私のために門を開けときなさい。あなたが静かな時に私は訪れる。あなたの問題を解決するには、私に言い聞かせなさい。私が面白く解決していくから。期待しなさい。あなたの次のステージのためにでもあるのだから。私を信じるので、あなたのその思い煩いはあなたの喜びの計画の中で私は変えて建てていく。もう少し我慢しなさい。忍耐が信仰を生みます。あなたは強くなれる。もしダメだと思ってやめるとしても私は、他にも道を用意しているのだから。やれるだけやりなさい。私はあなたのそばにいつもいるのだから。」

 

では、祝福がありますように( ^ω^ )ノ

 

コメントを残す