クリスチャンがサタンの攻撃にあってしまう理由・・驚異的な攻撃を回避する方法はある?

サタン クリスチャン
ジョン
サタンがクリスチャンを攻撃する理由ってなんですか?
ジョン
なぜ神様を信じたのにサタンが攻撃しますか?
ジョン
サタンの回避方法ってありますか?

▲上記のことから答えていきます。▲

クリスチャンになっても、いつもハッピーとは限りませんよね?私もクリスチャンになりましたけど、サタンの終わりが見えない攻撃には毎回うんざりしてしまいます。

今回はサタンが攻撃する理由と回避方法について情報をまとめていきますので「サタンの攻撃に悩んでいる・・」って方は参考にしてみてください。

クリスチャンがサタンに攻撃される理由

炎の無料写真

サタンの攻撃について4つ考えることがあります。

  • サタンの攻撃方法とは?
  • サタン(悪魔)とは?
  • サタンの攻撃相手はクリスチャン?
  • サタンは世を支配している、許可をしている。

上記のことから解説です。

サタンの攻撃方法

サタンの攻撃方法を見てみると3つ。

  1. 肉的攻撃
  2. 真理の背き
  3. 神の不在論

上記から何か思い当たることはないでしょうか?

まず、悪魔の代表的攻撃が肉的攻撃です。肉で生きる私たちに肉的欲求に誘惑(生存欲、食欲・性欲・快楽など)をしてきます。

次に神の真理から目を背けようとします。→(悪魔)「あなたは愛されていないんだ・・・」

また、嘘の教えを吹き込み「神様はいない」「〇〇をしていいんだよ」と吹き込みます。→無神論は最大の罪だったりする。神=善を知らなければ罪を知り得ないからです。

 

サタン(悪魔)とは?

サタン(悪魔)というのは、善に対し反発する力が悪(悪魔)です。

悪にピンと来ない人もいると思いますが、神の真理(善・愛)の力があるから、それに反抗する力=悪が発生します。地上で波乱万丈で生きてしまうのが悪があるからです。

では、悪魔が攻撃をし続ける目的は、人間に罪を犯させる事。=死ぬまで罪人で居させること。

悪魔の技を暴いていくと・・。

悪いことをするのが罪なのは知っていると思いますが、さらに悪魔は真理を悪い事とし悪いことを良い事とし、善を隠して悪いことをさせて罪を犯させます。

悪いことを知らないで悪いことをさせるのがかなり厄介です。

「身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています」(Ⅰペテロ5章8節)

 

サタンの攻撃相手はクリスチャン

サタンの攻撃対象者は、クリスチャン(神に仕える者)が主です。

サタンは無信者には、ほぼほぼ攻撃はしません。

不思議と神様を信じて信仰し始める人に誘惑や攻撃が起こります。

僕もそうでしたが、ノンクリスチャンの時は平和に過ごしていましたけど、クリスチャンになって様々な問題が起きるようになりました。特に1人信仰は攻撃に弱いです。クリスチャンになったら身を守るため単独信仰ではなく悪にとって驚異的な群れのグループに参加した方が良さそうです。

 

サタンは世を支配している。

残念ですが、世の中はサタンの支配下です。

そして、サタン軍勢は絶えずクリスチャンを攻撃しています。

ヨブ記のヨブも悪魔からダイレクトに攻撃を受け、創世記のアダムとエバも悪魔の誘惑により負けてしまいました。

主はサタンに言われた、「見よ、彼のすべての所有物をあなたの手にまかせる。ただ彼の身に手をつけてはならない」。サタンは主の前から出て行った。(ヨブ記1:12)

また、わたしたちは神から出た者であり、全世界は悪しき者の配下にあることを、知っている。(Ⅰヨハネ5:19)

 

サタンと戦う3つの選択肢

騎士の無料写真

クリスチャンはサタンとの攻撃に遭いますが、アクションをとるなら3つ。

  • サタンと直接戦う
  • 祈るという戦い
  • 何もしないという戦い

だけです。

サタンと戦う

サタンと戦う唯一の方法があります。

しかし、これは悪を完全に滅ぼすというニュアンスではなく悪と向き合い悪に逃げさせる感じです。

堅く信仰に立って、この悪魔に立ち向かいなさい。ご承知のように、世にあるあなたがたの兄弟である人々は同じ苦しみを通って来たのです」(Ⅰペテロ5:9)

そういうわけだから、神に従いなさい。そして、悪魔に立ちむかいなさい。そうすれば、彼はあなたがたから逃げ去るであろう。(ヤコブ4:7)

6:11悪魔の策略に対抗して立ちうるために、神の武具で身を固めなさい。6:12わたしたちの戦いは、血肉に対するものではなく、もろもろの支配と、権威と、やみの世の主権者、また天上にいる悪の霊に対する戦いである。6:13それだから、悪しき日にあたって、よく抵抗し、完全に勝ち抜いて、堅く立ちうるために、神の武具を身につけなさい。6:14すなわち、立って真理の帯を腰にしめ、正義の胸当を胸につけ、6:15平和の福音の備えを足にはき、6:16その上に、信仰のたてを手に取りなさい。それをもって、悪しき者の放つ火の矢を消すことができるであろう。6:17また、救のかぶとをかぶり、御霊の剣、すなわち、神の言を取りなさい。(エペソ6:11〜17)

ですが、注意点もありまして・・・。自分の信仰心より悪の力が強い場合は逆に砕かれます。人間は私生活や体調もありますので戦いの体制がよくありません。悪は群れを率いたり絶えず攻撃することができますので、単独バトルには気をつけてください。

 

祈る

祈るのは、結構最適だったりします。

悪魔との対決は霊的戦いになので、情報がない戦闘は敗北の可能性が高いです。

なので天の霊に祈り聞きいてもらい、天の戦士に戦ってもらう方が楽かもしれません。

絶えず祈と願いをし、どんな時でも御霊によって祈り、そのために目をさましてうむことがなく、すべての聖徒のために祈りつづけなさい。(エペソ6:18)

参考👉クリスチャンの祈り方|突然「祈って」と振られても大丈夫!これで祈りの基礎はマスター!

 

何もしない

対策がわからないなら、ただ神様に委ねることもありです。

神様は頼ることを求めています。

霊的攻撃や追い込まれている問題があれば切に神様に願い求めてください。神の司令官であるイエス様はあなたの心に目を留めるでしょう。

悪に天の制裁が起こしてくださいます。

神はあなたがたをかえりみていて下さるのであるから、自分の思いわずらいを、いっさい神にゆだねるがよい。(Ⅰペテロ5:7)

 

神は栄光に返してくれる!

日常的にサタンの攻撃はありますが、神様は結果的に栄光に現してくれるお方でです。

もし現在霊的攻撃でダメージだらけでも、前向きに悪魔の挑めば悪魔は逃げていきます。

攻撃に怯まずに吹っ飛ばしていきましょう!

神の戦士となれば、神と多くの兄弟達と共に勝利の旗を掲げましょう。

すでに悪魔から勝利を手にしているのです。

8:28神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さることを、わたしたちは知っている。8:29神はあらかじめ知っておられる者たちを、更に御子のかたちに似たものとしようとして、あらかじめ定めて下さった。それは、御子を多くの兄弟の中で長子とならせるためであった。8:30そして、あらかじめ定めた者たちを更に召し、召した者たちを更に義とし、義とした者たちには、更に栄光を与えて下さったのである。8:31それでは、これらの事について、なんと言おうか。もし、神がわたしたちの味方であるなら、だれがわたしたちに敵し得ようか。8:32ご自身の御子をさえ惜しまないで、わたしたちすべての者のために死に渡されたかたが、どうして、御子のみならず万物をも賜わらないことがあろうか。8:33だれが、神の選ばれた者たちを訴えるのか。神は彼らを義とされるのである。(ローマの手紙8:28〜33)

今回はここで。

では、祝福がありますように( ^ω^ )ノ

 

こちらもおすすめ👉聖書から悪魔の記述情報と攻略法【まとめ】これで悪魔の罠が知れる!神の武具の御言葉も・

神の武具について👉聖書に登場する武器・防具とは?実は最強!悪魔・悪霊に勝てるためのリアル武具の入手方法まで

 

カテゴリー

2 件のコメント

  • (昨年末)聖書読んでみようかなあ→本屋で立ち読み→難しすぎてムリ。
    (今年)偶然クリスチャンと友達になる→教会に連れて行ってもらう→ワケわからないながら聖書を読み出す。→毎日ほぼ自己流でお祈り。

    ・小さい事だが良いミラクルが連発している。
    ・今まで人生全て自分で何とかしないといけないと思っていたので、気持ちが楽になった。
    ・PCで聖書読んでいると、突然画面が落ちる。
    ・今年友達や知り合いになった人の中にクリスチャンが4人もいた。
    ・イライラすることが激減し、今までどーでもいいと思っていたような事に感謝するようになった。

    まだ聖書4分の3くらいまでしか読めてませんが、全部読めたらまた繰り返し読んでいくと理解が深まるかな~と思ってます。

    今年中に洗礼受けたいです。

    • タコちゃん様コメント&素敵な証をありがとうございます。
      芽生えた信仰心に神の応答が起こっているのだと思います
      恐らく近い内に洗礼が受ける事ができるかと思いますよ。
      洗礼が授かれますようにお祈りしていますね。

      ”まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう。”(マタイ6:33)

  • コメントを残す